耳掃除の方法

犬の耳掃除を怠ると、外耳炎・耳疥癬・中耳炎・内耳炎などの病気になりやすくなってしまいますし、病気にならないまでも、耳垢が溜まり、悪臭がしはじめ、ダニなどが寄生しかねません。定期的な耳掃除は、ワンちゃんにとって重要な事です。

耳の毛を抜く

犬の場合、人間と異なり、耳掃除に耳毛を抜くという作業が加わります。これが慣れないと、ワンちゃんも痛がって暴れるので、大変なのですが、耳毛をそのままにしていると、そこに耳の皮脂がまとわりついて、異臭を放つようになりますから、重要な作業です。

まずは万全の体制を整えて、耳毛を抜きます。耳が汚れやすいワンちゃんの場合は、耳の周りの被毛をカットする場合もあります。

初めてのワンちゃんは、痛がって嫌がると思いますが、「頑張れ!」と声かけをして、後1回抜かせてもらい、褒めてご褒美のおやつをあげます。数日後またトライするのですが、抜く回数を徐々に増やして、褒めておやつを繰り返します。

この方法で、耳毛を抜く行為にワンちゃんそして飼い主共に、慣れていきましょう。そしてこの作業を、1ヶ月に1回行います。どうしても自分で出来ない場合は、トリミングサロンにお願いしましょう。

耳用のローションを使ってお手入れ

耳毛の処理が終わったら、耳用のローションを耳の中に入れます。そして、耳の根本部分をもんであげて、指が軽く入るところまで、柔らかいガーゼなどで拭いてあげましょう。

耳の中に入ったローションは、犬が頭を振って自分で飛ばします。このお掃除を、1ヶ月に1~2回行います。トリミングサロンですと、綿棒を使ったお手入れをしているところもありますが、素人には難しいのでやめた方が無難かと思います。

犬種によっては頻繁に掃除

ビーグルやミニチュアダックスフントなど、耳が垂れ下がっている犬種は、そのほかの犬種と比較して、耳の中が不衛生になりがちです。

耳用ローションを使ったお掃除を、最低でも2週間に1回は行ってください。場合によっては、もう少し頻度を多くしても大丈夫です。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る