犬小屋の寒さ対策

犬というと、童謡の「雪」の歌詞にもあるように、「寒さに強い」という印象があると思います。

でもこれはダブルコートと呼ばれる、被毛が上毛と下毛の二層構造の犬種が、比較的寒さに強いという話です。

また、ダブルコートの犬であっても個体差がありますし、昨今の犬の高齢化を考えると、老犬が多くなっていますから、やはり寒さへの対策は絶対に必要な事です。

幼犬も老犬同様、寒さから上手に守ってあげる必要があります。

犬小屋の設置場所および設置方法

飼い主の存在を近くに感じられる場所というのが、犬小屋の設置条件なのですが、それにプラス、暑さ寒さから守られる場所である必要もあります。

寒さ対策という観点で考えますと、日中の日当たりが良い南向きの場所で、雨風を防ぐ事ができる場所がベストでしょう。

雨風を防ぐ場所が、なかなか見当たらないご家庭では、大型犬などに使うスチール製犬舎を用意し、その中に一回り小さい同じくスチール製犬舎、もしくは犬小屋を入れるのもおすすめです。

夜の寒い時間を、長く過ごす犬小屋です。

いわゆる隙間風が一番ワンちゃんにとってしんどいので、ダンボールや住宅用の断熱板などで犬小屋の周囲を囲って、冷たい風がなるべく犬小屋の中に入らないように工夫します。

地面からの冷気もきついので、犬小屋の設置場所には、板を敷き、底冷えを防止します。

電源が取れる環境で、天井に物を吊るすことが出来る場所でしたら、家畜用コルツヒーターもおすすめです。

元々は犬用ではありませんが、寒さが厳しい地域などは、有効に使えると思います。

犬小屋の中にも対策を

犬小屋の中には、毛布などの暖かい布を敷きましょう。レンジで暖めるだけで長時間、暖かさがキープできるワンちゃん用の湯たんぽも販売されています。

飼い主が夜寝る前に、このような湯たんぽを犬小屋に入れてあげるのも良いでしょう。

犬小屋には、必ず風を通すための穴や窓が開いています。ここから冷気が入りがちなので、冬の夕方以降は板などで軽くふさいであげます。これだけでもかなり、犬小屋内の温度は変わります。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る