目が充血する病気

目が充血している時は、病気である可能性が高いです。ここでは、考えられる主な病気をまとめてみました。

結膜炎

結膜に炎症が起きてしまう病気です。結膜の充血と共に、かゆみや痛みが伴います。

原因は、細菌感染や、逆さまつげなどの異物混入、アレルギーなどが考えられます。

原因を突き止め、それを改善できる点眼薬や眼軟膏を使って治療します。

緑内障

緑内障とは、眼圧が高くなる事が原因で、視神経に障害が出て、目が見えにくくなっていく病気です。

充血と言うより、目が赤や緑色に見えるようになってきます。

とにかく痛みが強いので、ワンちゃんの目はショボショボして、辛そうな様子を感じ取る事ができます。

原因は様々で、先天性の場合もあれば、外傷などの後天性のものもあります。

チワワや、コッカー・スパニエル、柴犬などが、緑内障になりやすい犬種と言われています。

視力の回復は困難で、眼圧を下げる治療を行い、進行抑制に努めます。

点眼薬や注射薬を使っての治療をベースに、場合によっては、手術を行うケースもあります。

ぶどう膜炎

ぶどう膜とは、眼球壁の中膜で、色素を含む血管膜です。このぶどう膜に炎症が起こると、目が充血する事があります。

原因は、細菌・ウイルス感染、および外傷性の要因、腫瘍などが原因として挙げられます。

また、シベリアンハスキーや柴犬などの犬種では、免疫介在性も認められています。中には、はっきりとした原因が分からないケースもあります。

痛みや違和感があるため、ワンちゃんの目はショボショボして、辛そうな様子を感じ取る事ができます。

痛みを緩和するために、鎮痛剤を使い、抗炎症剤および抗生剤などを使用して治療を行います。

免疫介在性が考えられるケースでは、免疫抑制剤を使用し、治療を進めていきます。

その他

アレルギーが原因であったり、ドライアイが原因であったりと、色々な理由でワンちゃんの目は充血します。

素人には、目の充血の原因特定は、なかなか難しいというのが現状です。

気になったらすぐに、動物病院を受診してください。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る