避妊手術後の変化

一般的には、オスのワンちゃんの去勢手術と比較すると、術後の変化があまり見られないとされる避妊手術。

でも、ワンちゃんによっては、変化が見られるワンちゃんもいます。

食欲旺盛になる

避妊手術後、一番多くのワンちゃんに見られる変化です。

避妊手術を行うと、食欲が旺盛になるワンちゃんが多く、カロリーを抑えたフードに変更し、肥満を予防に努める必要があります。

元々食が細かったワンちゃんの場合、食欲が出て、健康になったというような話も耳にします。

攻撃的になる・性格がきつくなる

ホルモンのバランスが変化する事によって、攻撃性が認められたり、性格的にきつめになる傾向があります。

すぐにイライラしてしまう様子も見られるようになります。ただこれは稀な例で、ほとんどのワンちゃんが、性格的な変化はあまり見られません。

また、極端に臆病なワンちゃんですと、手術、入院という経験から、その臆病さが加速してしまうケースがあります。

ただこれは、「避妊手術をしたから」というものではなく、例えば、ペットホテルに預けられても、他の手術や治療をしたとしても、同じ結論になるタイプのワンちゃんです。

スキンシップを大切にしながら、時間を置く事で、自然と元の性格に戻れるように飼い主がしていく事で、解決に導けます。

幼くなる

赤ちゃん返りのように、幼さが出るワンちゃんもいます。子犬の頃に遊んでいたおもちゃで、夢中になって遊んだりすることが稀にあります。

またそれが、一時的なワンちゃんもいれば、何となく幼さがずっと継続するワンちゃんまで様々です。

失尿症・疾患の誘発

これについては、獣医学的に立証されていないので、まだ不透明な部分ですが、ワンちゃんによっては、避妊手術後、失尿症になってしまうケースや、子宮や卵巣などのメス特有の病気は回避できるようになる反面、ホルモンの関係で、腫瘍ができてしまったり、甲状腺機能低下症などを発症してしまうといった例が出てきています。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る