避妊手術のメリット・デメリット

ここでは、ワンちゃんの避妊手術の、メリットとデメリットをまとめてみました。

避妊手術のメリット

①望まない妊娠と交配を回避できる

避妊手術を行ったわけですから、不注意で妊娠してしまったというような危険性はなくなります。

②ヒート時の出血がなくなる

避妊手術をしますと、ヒートが起こらなくなりますので、出血がなくなります。外出できないなどのストレスも、ワンちゃんそして飼い主ともに緩和できます。ヒートに伴う偽妊娠が、ワンちゃんには多く見受けられますが、これもなくなります。

③性ホルモンに関係する病気を回避できる

卵巣嚢腫などの、メス特有の性ホルモン系の病気を予防できます。

避妊手術のデメリット

①食欲旺盛になる

多くのワンちゃんが、去勢前より食欲が出ます。肥満のリスクが高くなりますので、カロリーコントロールが必須となります。

②手術のリスク

当然手術を行う訳ですので、麻酔や手術のリスクがゼロではありません。術後の感染症や、縫合に伴うトラブルなどの可能性もあります。手術そして術後のストレスなども、リスクの一つです。

③繁殖ができない

一度、手術をしてしまいますと、妊娠は不可能になりますから、子孫を残すことは出来なくなります。これについては避妊手術前に、しっかりと考えておきたいところです。

④尿失禁になりやすい

特に大型犬の場合、避妊手術の影響で、尿失禁になってしまうワンちゃんが多いです。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る