マイカーで愛犬と旅行するコツ

愛犬との旅行の定番は、やはりマイカーでの旅行です。

他の方に気兼ねすることなく、目的地に辿り着ける自家用車は、愛犬家にとって一番便利な移動手段です。

しかし旅行となりますと、近所への買い物や動物病院への受診などで、マイカーに犬を乗車させるケースと比較しますと、ワンちゃんへの負担は大きいものになります。

マイカーでワンちゃんと旅行するには、コツがあります。ここではその「コツ」について、ご紹介していきましょう。

「いつもと一緒」にする日常的なコツ

マイカーにおける近隣移動も長距離移動も、ワンちゃんにとって「何も変わらない車での移動」にすることが最大のポイントです。

となりますと、いつもの近隣移動の際も、長距離移動するときと同じようにするべきということになります。

日常的に、「ちょっとそこまでだから、シートにそのまま乗せちゃおう。」「ご機嫌だから、窓から顔を出させてあげよう。」といったような移動の仕方をしていませんか?

短距離移動の場合も、必ず、ハードキャリーケースにワンちゃんを入れて、キャリーをシートベルトで固定して移動するように習慣づけましょう。

小さいころから習慣がきちんとついていれば、ハードキャリーケースを嫌がることなく、車に乗車するようになります。

しっかり固定されていれば、車の揺れや傾きなどに対する体感を最小限に食い止められるので、車酔い防止にも繋がります。

また、「車での移動=動物病院やペットサロンへの移動」になってしまっているワンちゃんは、自動車を嫌がるようになる傾向があります。

長距離移動に備えて日常的に、車で公園やドッグランなどに出かけるなど、「車での移動=楽しいところへの移動」という認識を根付かせるのも大切です。

こまめな休憩・事前のリサーチ

さて、実際にマイカー旅行の計画の話が出ましたら、移動当日のことを考えていきましょう。

ポイントは「こまめに休憩タイムを作る」ということです。

2時間も3時間も車に乗りっぱなし、それも狭いキャリーの中となれば、ワンちゃんのストレスは大変なものです。

必ず1時間、最低でも2時間に1回ぐらいは、休憩タイムを作ってあげましょう。

そこで次に大切なポイントは、「事前のリサーチ」です。

最近では、サービスエリアにドッグランを併設しているところが多くなってきています。

ドッグランがあるサービスエリアをネットなどで調べて、ドライブスケジュールを組んでいきましょう。

一般道に関しても、公園や海、ドッグカフェなどの場所を調べておくと、渋滞などに巻き込まれた際、スムーズに休憩場所をチョイスすることができます。

車に酔ってしまうワンちゃんの場合

ワンちゃん用の酔い止めというものがあります。

どうしても、酔ってしまいがちなワンちゃんは、酔い止めを使うという手段もあります。

ただし、人間の酔い止め同様、眠気を誘発する成分が含まれていますし、効き目も個体差があります。

市販薬もありますが、獣医師に処方してもらった方が安心です。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る