サマーカットは危険?

夏場に、「サマーカットに仕上げてください」とペットサロンでオーダーする飼い主をよく見かけます。

サマーカットとは、夏場に被毛で覆われていると暑いので、長毛のワンちゃんの被毛を短くカットする事です。

良いと思っているのは飼い主だけ

実は、サマーカット。結論から言いますと、犬にとって良い事は何一つありません。

「被毛が暑そう。」と思っているのは飼い主だけ。犬にとっては、余計なお世話です。

サマーカットは、飼い主にとっては利点があります。例えば、毛玉が出来辛くなるとか、シャンプーやブラッシングが楽になるなど。

でも、犬にとっては、被毛が本来果たしている防護機能を低下させてしまいますし、最悪の事態は、元の様な被毛に戻らなくなってしまいます。

そもそも被毛とは、太陽からの直射日光と紫外線から、犬の体を守る働きがあります。

また、虫が直接皮膚につくのを防いでいるのです。

これらの働きを、サマーカットしてしまう事で、みすみす低下させているのです。

サマーカット=涼しいのか?

それに、根本的な話なのですが、サマーカットをしたからといって、当のワンちゃんは、さほど涼しくなりません。

そうなるとサマーカットは、単純に飼い主の為にあるということになります。

サマーカットよりも、きちんとブラッシングして、死毛や抜け毛などを除去し、定期的なシャンプーで清潔を保つ事の方が、犬にとっては夏を涼しく快適にすごす為に、重要な事なのです。

つまり、サマーカットは、特別な事情がない限り、必要がないということです。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る