人とは全く違う犬の口腔環境

人間の口腔内トラブルといえば、まず虫歯を思い浮かべるという人も多いのではないでしょうか? 犬も同じかと思いきや、違うようです。

正しいデンタルケアのためにも、犬の口腔環境がどうなっているのか知る必要があります。

最も違うのが酸性かアルカリ性かを示すpH(ペーハー)値で、人間は弱酸性のpH6.5~7なのに対して、犬はアルカリ性のpH8.5~9なのです。

私たちを苦しめる虫歯は、酸性の環境下で虫歯菌が糖質を餌に酸を作りだして歯を破壊していくもの。つまりアルカリ性であるというだけで、虫歯になりにくい環境だといえます。

また、人間の唾液にはデンプン質を糖に分解する酵素アミラーゼがあり、口の中に糖が多く残るシステムになっています。

しかし、犬の唾液にアミラーゼは存在しないため、口の中に虫歯菌の餌となる糖が少ないのでさらに繁殖しにくくなります。

歯の形状も大きく異なります

人間の歯の多くが臼のような形をしているのに比べて、犬の歯は薄く尖っているものがほとんどです。

人間の主食は穀物であるため、引き裂くというよりすりつぶす機能が重要になり、必然的に臼のような歯で咀嚼するという食べ方になったのでしょう。

それ故、かみ合わせによってできる歯のくぼみに虫歯菌がたまりやすくなります。

犬は雑食になっているとはいえ、元は肉食です。人間とは反対に引き裂いたり、歯で刺して固定するという機能が重要なため、先端が尖った形状の歯でかみ切るという食べ方になります。

薄く鋭い歯には、そもそも虫歯菌がたまる場所が少ないのです。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る