トラブルの元凶、歯垢(プラーク)

多くの口腔内トラブルの原因と考えられているのが、歯垢(プラーク)、歯石です。名前は聞いたことあるという人も多いのではないでしょうか。歯垢が問題となるのは犬も同じ。

そもそも歯垢と歯石って何? どう違って、どっちに気をつければいいの?

こうした疑問を解決しトラブルの元凶についてきちんと知ることが、デンタルケアへの第一歩となります。

歯磨きが十分でなかった場合、食べかすなどが歯の表面や歯肉溝にたまることで細菌が増殖して、歯垢が生じます。

歯垢は食べかすと思いがちですが、細菌の塊なのです。この歯垢を放置しておくと唾液の成分と結合し、石灰化した硬い歯石へと変化します。歯石は歯ブラシでは絶対に取れないため、病院での除去が必要です。

歯石はセメント状に固められているため、細菌は活動できません。

じゃあ、放っておいてもいいのか?というと、もちろんダメです。歯石の表面は凸凹しているので、より歯垢がつきやすい状態になるという悪循環が生まれてしまいます。いわば、細菌の住処を提供しているようなものです。

「病院で定期的に歯石除去を行っているから平気」と思う人もいるかもしれませんが、大間違い。

炎症を起こすなどの悪さをするのは、細菌が活発に動いている歯垢なので、いくら歯石を取っていても、日々のケアで歯垢除去をしないと口腔トラブルのリスクは減りません。

歯垢は大きく2種類にわけられます

まずは歯肉から出ている、普段目にしている歯の表面につく「歯肉縁上プラーク(歯垢)」

で、空気がある環境で活動する好気性菌です。虫歯の原因となる菌が多く、代表的なのがミュータンス菌やストレブトコッカスなど。

2つめが歯肉に覆われている歯のすきまにつく「歯肉縁下プラーク」で、歯肉溝など空気がない環境で活動する嫌気性菌です。歯周病の原因となる菌が多く、代表的なのがスピロヘータやプロフィロモナス・ジンジバーリスなど。

どちらも厄介であることには変わりませんが、より毒性が強いのは一般的に「歯肉縁下プラーク」だと考えられています。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る