歯周病の症状と原因

成犬の約8割がなっているという歯周病は、口腔トラブルのトップに挙げられています。

年を追うごとに発症リスクは高まるので、原因や症状を把握しておくことが大切です。

健康な犬の口腔環境はピンク色の歯肉に白い歯、歯肉溝は2ミリ以下程度で歯とほぼ密着しており、口臭もありません。

よく「犬の口は臭い」と聞きますが、大間違い。歯磨き不足で歯垢が残っていたり、歯周病を発症しているのかもしれません。

歯周病の症状

歯周病になると、進行具合によって様々な症状が現れます。

まず、第一段階として歯肉溝に細菌が繁殖して炎症を起こす「歯肉炎」を発症し、歯肉が赤く変色したり、歯が黄色がかったり茶色くなります。

さらに溝が深くなると、歯周組織を破壊して、歯槽骨まで溶かす「歯周炎」へと悪化してしまいます。

この頃には出血や口臭の発生、食べるのに時間がかかる、食欲不振、歯が長くなったりぐらつくなどの症状が出て、最後には歯が抜け落ちることもあります。

こうした病状を総称して「歯周病」と呼んでいます。歯周病の怖いところは被害が口腔内にとどまらず、細菌が血管を通って運ばれため心臓や腎臓など全身に影響が及ぶことです。

歯周病の主な原因

歯周病の主な原因はデンタルケアの不十分さにあります。

歯垢が歯石になるまでには一定の時間がかかり、人間が約20日なのに対して犬はわずか3~5日という短さ。その間に除去できなければ歯石の表面にさらに歯垢が付着して、歯石→歯垢→歯石というサンドイッチ状態になることで、歯周病の発症リスクを大幅に高めます。

免疫力が低下すると炎症を起こしやすくなるため、高齢犬や体調不良のときなどはより気をつける必要があります。たまたま体力が低下しているときに、硬いものをかんで口の中を切ってしまい、細菌に感染して炎症を起こすということもありえます。

また、糖尿病などから歯周病が生じることもあり、その場合には基本疾患の治療が優先されます。原因を確定するためにも、定期健診で愛犬が健康状態を常に把握しておきましょう。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る