虫歯ケアも忘れずに

唾液のpH値の違いなどで、犬は虫歯になりにくいといわれています。

しかし、何も気にしなくていいわけではありません。肉食からドッグフードなど雑食に変わったことで、口腔トラブルを抱えている犬の約1割が虫歯を患っているとか。

虫歯は犬にとっても気をつけなければいけない病気のひとつと考えましょう。

虫歯の症状

虫歯になると、人間同様の症状が現れます。

初期ではほとんど症状がなく、虫歯になった部分が茶色、灰褐色、黒色に変色する程度。やがて歯がもろくなり穴があいて、口臭が発生します。

痛みを感じるため食欲不振になり、さらに進行すると神経まで広がり、歯が折れることもあります。

虫歯は歯垢の中の細菌から発生する酵素によって、歯のエナメル質や象牙質が壊されます。

この酵素は主にデンプンを糖に分解する仕組みになっており、ドッグフードやおやつなど炭水化物を多く含んだやわらかい食事が増えたために虫歯リスクが高まっていると考えられます。

特に犬歯の根元、第1後臼歯のくぼみが要注意です。

虫歯の治療

治療も人間と変わらず、虫歯になった部分のエナメル質や象牙質を削り取り詰め物をして、進行具合によっては歯肉治療や神経の除去、抜歯などが必要になります。

こうした治療はあくまで対症療法に過ぎません。根本的な改善のためには食生活の改善と歯磨きの徹底が何よりも重要です。

健康な歯を失うことは食欲の低下、引いては免疫力の低下につながっていきます。

愛犬がそうならないためには定期的に歯科検診を受けて軽症のうちに治療をすること、さらにいえば虫歯にならないようデンタルケアと食生活に気をつけることが求められます。

予防と早期発見。これに勝るものはありません。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る