デンタルケアの基本は歯みがき

犬は虫歯になりにくいし、ちゃんとやらなくても大丈夫だろうという間違った認識で、愛犬のデンタルケアを疎かにしがちな飼い主さんも少なくありません。

確かに、犬の口腔環境では虫歯菌が繁殖しにくいですが、歯周病のリスクは高いためケアは必須です。

ここで問題がひとつ。犬にとって口の中に異物を入れられ、触られる歯みがきは自然界ではあり得ないこと。

当然、犬の本能の中に組み込まれていないため、苦痛や恐怖を強く感じる行為なのです。最初から大人しくデンタルケアを受け入れる子はいません。

最近は歯ブラシ以外にも、デンタルケアができるおやつやおもちゃなど様々なグッズが売られています。

かみごたえのあるおもちゃなどを与えると、だ液の分泌が促進されます。

だ液には殺菌効果があるので、それだけでも、ある程度は口腔内を清潔に保つことが可能です。

ただし、硬すぎるものは歯を折ることもあるので、獣医と相談して適切なものを選びましょう。

しかしデンタルケアの基本は歯みがき

ガーゼで歯をぬぐったり、デンタルケア効果のあるおやつやおもちゃを使うことは、あくまで歯の表面をキレイにしたり、口腔内の細菌を抑えるなど補助的な意味合いでしかありません。

こうしたグッズを積極的に使い、病院で定期的に歯石除去を行っているから大丈夫、なんてことはないんです。

いくら歯の表面をきれいにし、歯石を取ったとしても、歯肉溝にたまっていく歯垢を取らなければリスクは一向に下がりません。

歯垢はガムやおもちゃを噛んだくらいでは取れない厄介なもの。

歯みがきは歯垢をかきだすだけでなく、酸素を送ることで繁殖の抑制、薬剤を歯肉溝に届けるという効果もあります。

とはいえ「毎日、ちゃんとみがかないと!」と意気込むと、ケア自体がストレスになりますよね。

それが愛犬に伝染して余計に嫌がるという悪循環に陥りかねません。ムリせずに歯みがきは週1回、食事の後で遊ぶときにデンタルケアグッズを使うなど柔軟に対応することも大切です。

飼い主さんも愛犬も余計なストレスを抱えず、徐々に慣らしていきましょう。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る