歯みがきのポイント

大嫌いな歯みがきを習慣にするためには、いくつかのポイントと踏むべきステップがあります。

一般的にトイレのしつけを始めるのと同時期がいいといわれています。

お手や伏せ、待て、おいで、離せという基本的なコマンド(命令)に従える、信頼関係が築けているかどうかが成功のカギになるので、しつけをしっかりすることも重要です。

ちゃんとガマンできたらご褒美をあげて、たくさんほめることも大事なポイント。嫌な歯みがきの後には、いいことがあると認識したら成功したも同然ですよ。デンタルケアは子犬のときに始めましょう

ポイントは徐々に慣れさせること

最初は顔や口元を優しく触ってみます。触る時間が長くなってきたら、静かに唇をめくり前歯や歯肉の状態をチェックしつつ、触れます。

これにも慣れたら左右の唇もめくり奥歯、歯肉をタッチ。歯は閉じたままで大丈夫です。

歯や歯肉を触られることに慣れたら、やわらかいガーゼを指に巻いて歯の表面をこすってみましょう。

まずは前歯、慣れてきたら奥歯と愛犬の様子をみながら行います。どうしても嫌がる場合は、ガーゼで歯を触るだけでもOKです。

口の中にガーゼという異物を入れて歯をこすられることに慣れたら、いよいよ歯ブラシの出番ですが、まだみがきません。歯ブラシ自体に慣れさせるのが先決。

ブラシを見せて、匂いをかがせたり、舐めさせて不安を取り除いてから、口の中に入れます。動かしたくなりますが、ぐっとガマン。歯ブラシを口に入れたことをほめてあげましょう。

確認や遊びのつもりでかんだりしますが、怒らずに慣らすことを優先させます。

歯ブラシを口に入れられることにも慣れたら、優しく動かして歯みがきをしてみましょう。

みがくときの注意点は犬種など個体によって異なるので、独断ではなく獣医師など専門家と相談するのがオススメです。

ポイントはムリせず、あせらずに続けること

すべての段階で共通しているポイントは、「ムリせず、あせらずに続ける」です。

いきなり歯ブラシを使わないことはもちろん、最初は短い時間にして徐々に長くしていく、愛犬が嫌がる、痛がったら一旦やめることも大切ですが、一回始めたら、少しの時間でも継続しましょう。

でないと、愛犬が「こうすれば、やめてくれる」と認識してしまい、問題行動を起こす要因になりかねません。

そして、飼い主さんがリラックスして「さ、歯みがきするよ~」と楽しげに声をかけて、「はい、おしまい。ガマンできてえらかったね!」とちゃんと終わりを告げて、ほめることも重要です。

飼い主さんが緊張していたり深刻になっていると、愛犬にも伝わり落ちつかなくなります。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る