食事でダイエット

肥満は万病の元。犬だって同じです。昨今の住宅事情やペットの溺愛化によって、むしろ深刻化しているといっても過言ではありません。

本来のしなやかな筋肉ではなくムチムチした脂肪がついて、身軽に駆け抜けることができない…なんて犬も見かけますよね。丸々とした姿は癒される面もありますが、犬にとっては糖尿病や腎臓病、心臓や足腰に負担をかけるという弊害だらけ。

適切な体重・体型にコントロールすることこそ、健康で長生きする秘訣といえます。

いつ頃から気をつければいいのでしょうか?

成犬になってからで大丈夫だと思う人も多いでしょうが、それでは遅いです。もちろん、体を作る子犬のときは多くの栄養を必要とするため、そこまで神経質にならなくてもいいですが、あげすぎはNG!

子犬のときに栄養過多で過ごして成犬になると、脂肪細胞自体が大きく数も増えるため太りやすい体質になってしまいます。

子犬のときから適切な食事管理をすることが、愛犬を肥満にしない近道です。

とはいっても、可愛い愛犬におねがりされるとあげてしまい、気づくとぽっちゃりしてきた…ということもあります。まず肥満になっているかどうか判断して、どれくらいやせればいいのかを決めましょう。

肥満の目安としては適切体重より15%増、触っても脂肪で肋骨や背骨がわからないというのが一般的。普段からマメに体重を計ったり触って小さな変化を察知できれば、わずかな調整で済むので愛犬の負担も軽く済みます。

肥満となった場合まずは食事でのダイエットが必要

人間だと野菜メインの食事に変えるのがセオリーですが、犬も同じというわけにはいきません。必要な栄養素が取れなくなり、逆に太りやすい体になる悪循環に陥ってしまいます。

肥満犬用のドッグフードに切り替えるのが一番ですが、具体的にどうするのかは獣医に相談しましょう。犬種や生活環境、性格、健康度合いによっても合う方法は違うので、素人判断で行うよりも確実です。

ただ、与え方の工夫ならすぐにできます。

今まで1日2回の食事だとしたら、1日分の量は変えず3、4回に分けて与え、食べ終わったらすぐにしまう。慣れてきたら全体的に少しずつ量を減らしていきます。これだけでもドカ食いや間食を防いで、満足感も得られるのでムリなくダイエットできます。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  • ストレス解消法

    ワンちゃんがストレスを感じ、それを溜め込んでしまいますと…

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る