予防接種の重要性

厚生労働省で定められている狂犬病の予防接種

予防接種とは病気に対する抗原物質、つまりワクチンを投与することによって病気への免疫をつけることです。人間が予防接種を行うように、犬にもさまざまな伝染病がありますので、予防接種を受けなければなりません。

必ず行わなければいけない予防接種が狂犬病予防です。厚生労働省では生後91日異常の犬には速やかに予防接種を受けさせ、その後は1年に1回の予防注射を継続させて免疫力の補強を義務付けています。狂犬病は狂犬病ウィルスが病原体で、犬だけではなく人間を含めたすべての哺乳類に感染します。

人間に感染すると死に至る狂犬病

なぜ哺乳類全体が罹患する病気なのに犬の名前がついているのかというと、人間が感染する経路として犬から噛まれ、その傷口に犬の唾液と一緒にウィルスが入ってくるケースがほとんどだからです。

このウィルスに侵されると精神錯乱を起こして凶暴性が高まり、犬は見境なく噛む行為を繰り返し、やがて死に至ります。人間も同様で、現在は罹患後に治癒するワクチンがなく、犬や他の哺乳類と同じように死亡してしまいます。

日本では1957年以降、狂犬病が発病した事例はありませんが、海外、とくに発展途上国では依然として発症例が見られています。

もし、海外から狂犬病ウィルスを持つ犬がなんらかの形で日本に入った場合、狂犬病の免疫を持たない犬が70%以上を占めると狂犬病の予防は不可能と言われています。予防接種を受けていれば、たとえ感染しても発症を防げることができるので、必ず狂犬病の予防接種を受けてください。

予防接種で伝染病から犬を守る

予防接種で防げる犬の伝染病は他にも以下のような病気があります。

・犬ジステンバー
ジステンバー・ウィルスに感染する犬の代表的な伝染病です。生後1年未満の子犬や若い犬が罹患しやすく、発病すると死亡率の高いことでも知られています。呼吸器系、神経系、消化器系に症状が現れ、最初は単独でもやがて全てに感染し、犬は衰弱後、死に至るために悲惨な思いをします。

・犬伝染性肝炎
別名犬アデノウィルス1型感染症と呼ばれており、アデノウィルスによって引き起こされる病気です。犬ジステンバーと同じように生後1年未満の子犬や若い犬が罹りやすく、重症の場合は死に至ります。成犬の場合、軽度では元気がなくなる程度ですが、重症になると高熱が出て嘔吐や下痢などの症状が表れ、肝機能に障害が出ているので黒い粘液性の便をします。

・犬バルボウィルス感染症
バルボウィルスに感染する伝染病で、生後1年未満の子犬に発症する例が多く見られます。この病気に罹ると進行が早く、感染後1ヶ月で死に至ります。
他にも犬パラインフルエンザ、犬コロナウィルス感染症、犬レプトスピラ病などがあります。

ワクチン投与は必ず1年に1回

こういった伝染病に罹らないために予防接種を受けますが、一般的には9種類のワクチン接種を行います。犬は摂取した抗体が消滅してしまうため、1年に1回行う必要があります。生後42日目に1回、90日目に1回、さらに120日目にも予防接種を行います。

これは子犬が母犬から授乳することによって抗体を受け継ぎますが、その抗体の消失が42〜150日で消失するためです。ワクチンの価格は8,000〜1万円程度。動物病院で予防接種を行ってくれますが、その際、寄生虫のいないことを確認してもらいましょう。せっかくのワクチンも寄生虫がいると十分に効果を発揮しません。

ワクチン接種後、免疫効果が表れるまで1〜2週間かかります。その間、他の犬との接触を避け、十分な栄養を与えてください。抗体を入れると人間でも微熱を発生することがあります。犬にも同様の症状が見られる場合があるので、予防接種を行った日はいつも以上に愛情をかけてあげましょう。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る