犬も人間と同じように肥満になるの?

犬の欲求に際限なく答えれば必ず肥満に

元来、犬は人間の生活を助けるパートナーでした。しかし、狩猟はやがてスポーツに変わり犬は狩猟に適した品種へと改良され、また一方では愛玩のために改良され、今日に至っています。

もちろん現在でも生活のパートナーとして活躍する犬、狩猟や牧羊、さらに人命救助で活躍する犬もいますが、こういった犬が肥満になった、という話は聞いたことがありません。

肥満になってしまう犬は家庭でペットとして飼われている犬です。

人間と同じように食べる量が多くて運動が少なければ、当然、肥満の体型になってしまいます。人間でも自制が効かない人はどうしても肥満になるように、犬も食事に関しては自制がありません。

したがって犬が食事を欲しがり、それを飼い主が際限なく与えてしまえば、犬はいつでも食事ができると思って、より強く欲求するようになります。

犬は自分からダイエットできない

人間が肥満になると、さまざまな病気の発症が警告されています。

これは人間に限ったことではなく、犬も同じこと。ただし人間は自分で異常に気がつけばダイエットを行うこともできるし、体調の異常に気がつけば病院に行って診断、治療も行えます。

しかし、家庭犬の場合、自制でダイエットという発想はありませんし、体調異常に関しても飼い主に訴えることはできても犬自身が病院に行くことはできません。

犬が肥満になるのは病気の際を除くと、やはり飼い主に責任があります。

小さい頃から適正な食事を与え、十分な運動量をこなすことで肥満は解消されますが、面倒を見る時間が少なく、犬のストレスを発散させるために食事でごまかすような飼い方では犬も肥満になること必至です。

長くパートナーとして暮らすためにも、犬の肥満防止に努めましょう。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る