ボディコンディションスコアの測り方は?

BCS、ボディコンディションスコアは見た目と飼い主の主観によるものですので、できるだけ冷静に、客観的に観察することが求められます。

BCSレベル1

理想体重の85%以下で痩せすぎの状態です。肋骨や背骨が浮き出ており、触ると皮下脂肪、筋肉がなく身体がゴツゴツしています。被毛の長い犬種は被毛の艶もなくなっています。真上から見ると腰のくびれが極端に細く、砂時計のような体型です。食欲がない状態でこの体型になっていたら、すぐに動物病院へ行くことをお勧めします。

BCSレベル2

理想体重の86~94%で体重不足の状態です。肋骨や背骨は見た目にも分かり、少し触っただけでも骨格を容易に判別できます。多少の皮下脂肪、筋肉はありますが、毛艶もあまりよくありません。老犬に多いケースですが、食欲がない場合はお湯で柔らかくするなど食べやすい食事の工夫が必要です。

BCSレベル3

理想体重の95~105%で健康的な状態です。見た目からは肋骨や背骨は目立ちませんが、触るとしっかり骨格が分かり、皮下脂肪と筋肉のバランスがいいので触感に弾力があります。上から見た時、腰に適度なくびれが分かればレベル3と思っていいでしょう。

BCSレベル4

理想体重の107~122%で体重過剰の状態です。筋肉よりも皮下脂肪が厚くなり、触った感触では骨格がやや見つけづらくなっています。横から見ると背中に盛り上がりが見られ、またお腹も垂れ気味になっています。上から見た時は腰のくびれがまったくなく寸胴体型になっています。長い運動を嫌がったり、息の上がりが早くなったりしているので、運動量を分散させるなど工夫が必要です。

BCSレベル5

理想体型の123~146%で完全に肥満の状態です。皮下脂肪が厚くなり、触感で肋骨や背骨などの骨格を見つけることができません。横から見ると背中は盛り上がり、お腹は垂れ下がっています。上から見ると樽型になり、腰のくびれは判別できません。このまま放置すると、さまざまな病気を発症しやすくなるので、ゆっくりで構いませんからダイエットを行ってください。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る