肥満に注意

犬の肥満は飼い主の甘さから

男性でも女性でも、肥満はさまざまな成人病を引き起こすことが知られています。これは犬も同じで、人間と同じように太り過ぎると高血圧や心臓疾患、脂肪肝や皮膚病を引き起こします。

犬の肥満原因は飼い主の健康管理が行き届いていないという1点に尽きます。

可愛がり過ぎて犬が喜ぶおやつを与えすぎたり、逆に、散歩へ連れていかないなどの運動不足によって肥満になります。一度、肥満体質になると痩せるのが難しいことも人間と変わりません。日頃から気をつけて太らせないことが大切です。

肥満を調べる基準となるBCS

まずは犬が肥満になっているのかを調べましょう。犬の測定にはBCS(Body Condition Score:ボディコンディションスコア)という判定方法が用いられます。

BCS1:理想体重の85%以下
肋骨、背骨、腰骨が外観から分かる状態で明らかに痩せているのが分かる状態。

BCS2:理想体重の86〜94%
肋骨・背骨。腰骨部分を触ると容易に分かり、わずかに脂肪がついている。明らかに体重不足の状態。

BCS3:理想体重の95〜106%
皮下脂肪が適度についており、肋骨、腰骨部分を触ると確認でき、上から見ると腰のくびれが分かる。理想的な体型の状態。

BCS4:理想体重の107〜122%
皮下脂肪に覆われていて肋骨に触るのが難しく上から見ると腰のくびれを確認できない状態。明らかな体重過多。

BCS5:理想体重の123〜146%
厚い脂肪に覆われて肋骨部分を触っても認識できず、横から見るとお腹が垂れ下がり、上から見ると樽状になっている。明らかに肥満の状態。

動物病院に行ったら犬の体脂肪を計る

犬の体重の測り方はとても簡単です。犬を抱っこして体重を測り、その数値から今度は自分だけで測った体重を引けば犬の体重が出ますね。

犬の理想体重は図録などで調べることはできますが、個体差があるので必ずしもその数値だけを理想にせず、BCSを参考にして肥満体型を判断しましょう。ただし、その際はけっして甘めの判定ではなく、公正な判断を行ってください。

動物病院によっては犬用体脂肪計を用意しているところもあります。この体脂肪計は人間用と同じ原理で測りますので犬に負担をかけることはありません。

かかりつけの動物病院にこの計測器があったら定期的に体脂肪率の確認をお勧めします。人間と同じく、体脂肪率が25%を超えたら肥満の部類に入ると思って間違いありません。

肥満体質の解消はストレスにならないように

人間が過度のダイエットを行うと必ずリバウンドします。これはストレスから過食になって起こる現象ですが、犬の場合は食事を飼い主から貰うためリバウンドは起こしませんが、その分、体内にストレスが溜まります。

肥満になってしまった原因は飼い主にあるわけですから、一気に体重を減らすような過度のダイエットを行うのではなく、犬のストレスを軽減する緩やかなダイエットを行ってください。

それまで犬にせがまれて与えていたおやつの代わりにコミュニケーションを多く取る、散歩の時間を増やす、1日の食事の分量をしっかり計算し、それを定期的に与える、などの工夫をすることで緩やかに体重を落とすことができます。

犬が成人病と同じ病気にならないためにも、自分に厳しくなって犬の健康管理を行ってください。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る