犬を肥満にさせない食事とは?

犬の食欲を見て分量を決める

ドッグフードはさまざまなメーカーから、犬の成長に合わせたライフステージ別、つまり仔犬用、成犬用、老犬用と栄養価を変えた商品が販売されています。

また去勢したオス、不妊手術をしたメスはホルモンバランスが崩れることから肥満になりやすいため、これら去勢、不妊手術用のドッグフードも販売されていますね。

これらのドッグフードには栄養価と一回の食事量の目安が表示されていますが、それらはすべてメーカーによる独自の算出方法で安全性も含め、自主的に表記しているだけに過ぎません。

必ずしもドッグフードの表記通りに食事を与えるのではなく、ドッグフードを与えつつ愛犬の調子を見ながら分量を決めてください。

極端に安いものや日持ちのよいものは避ける

人間の健康を守るために食品安全法があります。

しかし犬のドッグフードに関してはつい最近、愛玩用動物用飼料の安全性の確保に関する法律が2009年にできたばかりで、この法律では明らかに犬の身体に影響を与えると分かっている有害物質しか規制されておらず、曖昧な物質に関しては今のところ規制されていないのが現状です。

つまり安いペットフードほど何が入っているか分からず、犬が欲しがる動物性タンパク質を強調するような味付けになっている可能性が高いということになります。

肥満の前に、まず愛犬の健康を考えるならばドッグフードであまり安いもの、日持ちの良いものは避け、多少高価でも信頼性の高いドッグフードを与えるようにしてください。

愛犬を肥満にさせないで、しかも健康を保たせる食事はなんといっても手作りの食事です。

人間の食事と違うからといって、カロリー計算や栄養価配分を細かくする人もいますが、人間の食事でもそこまでカロリー計算をしないし、栄養価の配分もおおまかですよね。

犬もそれで十分なのです。毎回、手作りの食事が大変だったら3日に1回は手作りにする、など定期的に取り入れてはいかがでしょう。犬も食事に変化が出て手作り料理をきっと楽しみにするはずです。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る