愛犬のための手作り食事の注意点は?

動物性タンパク質を必ず入れる

まず、犬に取ってもっとも必要なのは動物性タンパク質です。動物性タンパク質のなかには犬が身体の筋肉や骨格を形成、維持させていくために必要な必須アミノ酸が豊富に含まれています。

人間はタンパク質を植物から摂取(代表的なのは大豆ですね)できますが犬は植物性タンパク質を摂取できないので、必ず動物性タンパク質を与えてください。

犬に与える動物性タンパク質は生の方が良い、という説もあります。加熱することによってミネラルや酵素を失うというのが理由ですが、これは狩猟したばかりの獲物を生で食していた時代の話。

狩猟したばかりの獲物は新鮮で表面にウイルスがつくこともありませんが、解体して人間用に流通している食肉は現在、すべて加熱が条件となっています。

犬は胃酸が強く食肉表面のウイルスや細菌も胃酸で溶かすといいますが、家庭犬で免疫力が落ちている可能性もあります。

できれば与える動物性タンパク質は加熱した方がいいでしょう。生肉に含まれている必須アミノ酸は加熱で分解されることはありません。

フードプロセッサでミキシングする

逆に与えてはいけない食材がいくつかあるので、そちらの注意を怠らないようにしてください。

野菜ではネギ類が筆頭。赤血球を破壊してしまい、貧血を起こします。それからよく言われるのがチョコレート。

成分として含まれているテオプロミンが下痢や嘔吐の原因となります(実際はお菓子として与えている人もいますが個体差があるので注意が必要です)。

逆にイカやタコなどは消化が悪いから食べさせない方がいい、といいますが、どちらも良質なタンパク質なので、工夫すれば大丈夫。

食べさせる工夫としては、消化の悪いものはすべてフードプロセッサーでミキシングしてしまうことをお勧めします。

キャベツなどの葉物も人間と違って消化しにくいため、野菜も茹でてから一緒にミキシングしてしまいましょう。

肥満気味の犬には炭水化物を与えなくても平気です。運動エネルギーは動物タンパク質から十分に摂取できます。

犬の手作りご飯は書籍、ネットに多くメニューが出ているので、それらを参考にして作ってみてください。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る