皮膚病は悪化しやすい

犬が掻き壊す前に皮膚病を発見する

犬の皮膚病にはさまざまな種類があり、それらの原因も単純なノミなどの寄生物から食物アレルギー、ホルモンなどの内分泌の異常といった複雑な状態まであります。

人間でも皮膚病になると痒くなりますが、これは犬も同じ。その上、体毛があって皮膚病が悪化しやすく、どうしても掻いたり噛んだりして皮膚病を悪化させてしまいます。

犬の皮膚病は日頃、飼い主がブラッシングすることで発見できる病気です。早めに対処して犬の健康な肌を守ってあげましょう。

犬が罹りやすい皮膚病の種類

犬の皮膚病には以下のような病気があります。

アカルス症
別名、毛包虫症やニキビダニ症とも呼ばれています。文字通り、ニキビダニに寄生によって起こる皮膚病で、幹部が赤くなり、フケが出て脱毛症状が起こります。症状が進行すると化膿して膿汁が出るほど悪化し、治療が困難になるケースもあります。

疥癬症
犬穿孔癬虫(いぬせんこうせんちゅう)というダニが引き起こす皮膚炎です。このダニは皮膚に穿孔を開けて寄生するため痒みがひどく、掻きむしることによって傷を作って悪化させ、その部分が瘡蓋になります。悪化させると全身に瘡蓋ができて象皮のようになってしまいます。

急性湿疹
犬の代表的な皮膚病です。ビタミン欠乏などの栄養障害、内蔵の機能障害、被毛の不潔や傷などが原因とされています。症状としては皮膚に湿質の創傷ができて悪臭を放ち、悪化すると皮膚がただれる可能性もあります。

皮膚真菌症
糸状菌というカビによってできる皮膚病です。シラクモ、タムシなどとも呼ばれています。痒みは強くありませんが、罹患した部分の脱毛が特徴です。

脂漏症
皮脂異常によって起きる皮膚病です。この原因はさまざまですが、症状としては皮脂が多く出過ぎて皮膚が湿ってしまう油性脂漏症と皮脂が出ないために皮膚が乾燥してしまう乾性脂漏症があります。とても痒く、掻きむしることで傷をつけたり脱毛を起こしたりします。

接触性皮膚炎
酸やアルカリ、石鹸やノミ取り首輪など刺激性物質に触れたことから起きる皮膚病です。比較的被毛の薄い部分に症状が出やすく、皮膚が赤くかぶれて熱を持ちます。接触アレルギーとも呼ばれ、これに類似する皮膚炎として食物アレルギーがあります。これは特定の食物に対してアレルギー反応を起こし、腹部周辺に湿疹や脱毛ができます。

皮膚病を発見したら素人判断せずに動物病院へ

寄生するダニやカビが皮膚病を発生させている場合、不潔な被毛や手入れの不備が主な原因です。ブラッシングやシャンプーをこまめに行なって犬を清潔な状態にしておくことが最善の予防策です。

とくに長毛種や耳の長い犬は症状を見逃しがちになるので注意しましょう。

接触性皮膚炎の場合はシャンプーや石鹸が皮膚に合っていないので、すぐに刺激の弱いものと変えることで皮膚炎は収まります。また食物アレルギーが出た時は、どの食べ物で湿疹が出たのか、しっかりと判別してください。

皮膚病にかかってしまうと素人判断はとても危険です。ステロイド系の内服薬や抗ヒスタミン剤、ビタミン剤などを使って皮膚病を治療しますが、原因が分からず薬を投与しても、その薬が適正でなければ全く効果を発揮しません。

皮膚病が進行していたら、必ずかかりつけの獣医さんに相談してください。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る