犬も肥満から糖尿病になるの?

インスリンが分泌されなくなると糖尿病

肥満がすぐに糖尿病に結びつくとは限りませんが、犬も糖尿病になります。

食べ物に含まれている糖分は胃から血液に運ばれ、一部は体内の内蔵や筋肉に使われますが、すべて使われるわけではありません。

貯蔵するために膵臓から分泌されるインスリンというホルモンによって細胞内に取り込まれます。したがって糖分が細胞に取り込まれるほど肥満になるわけですね。

当然、血液中の糖分が多くなるほどインスリンが必要になります。このインスリンの働きが弱くなる、あるいはなんらかの理由でインスリンの分泌が止まると血液中の糖分濃度が濃くなり、さまざまな病気を引き起こします。

つまりインスリンの作用が効かなくなっていることが糖尿病となります。人間の場合、遺伝的、突発的に小児でも発症することがありますが、多くは中高年になって運動量の低下や食生活などによる原因から糖尿病を発症します。

犬の場合は多くがインスリンの分泌停止から起きるインスリン依存性糖尿病といわれていますが、高齢になるほど発症の可能性が高くなるという点には違いがありません。

食べているのに痩せてきたら要注意

犬が糖尿病になると、体内器官が糖分を尿から排出しようとするので大量の水分を欲しがり、頻尿状態になります。また血液中に糖分はありますがインスリンが細胞まで糖分を運ばないため、細胞は栄養素を欲しがって脳に刺激を与えます。

脳は細胞からの刺激を受けて一時的に食欲が増加しますが、細胞に糖分が運ばれないという悪循環から体重の減量、痩せていくのが糖尿病の特徴です。

また細胞に糖分が行き渡らないので毛艶がなくなり、脱毛したり皮膚感染症にかかったりすることもあります。

さらに血液中に糖分が多いため、キズを負ってもなかなか治りにくくなります。頻尿なので膀胱炎も心配ですね。

インスリンは一度、分泌能力を失うと二度と復活することがなく、インスリン依存性糖尿病にかかると生涯、インスリン注射を定期的に打たなければなりません。人間と同じように、糖尿病予防には犬も食事制限や生活習慣が大切になります。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る