まずは犬と人間の足の違いを知る事から

犬と人間の足の違いとは?と聞かれたら、まっさきに四足歩行と二足歩行だと答える人が多いでしょう。確かに基本となる大きな違いですが、それだけではありません。

まず、基本構造として犬の足にはスパイクとなる爪とクッションの肉球がありますよね。人間の足の爪は長さに関係なくスパイクの役割を果たすことはできませんし、当然、肉球なんて存在しません。

ちなみに犬の指の数は前足5本、後ろ足4本が一般的で、まれに後ろ足も5本ということもあるようですが、特に問題はありません。気になる場合は獣医師に相談して、切り取ることも可能です。

人間との違いは骨格自体にも挙げられます。

人間の場合、鎖骨があり肩甲骨から肘までの二の腕部分も独立しているため、前後左右に動かすことができますが、犬に二の腕はありません。

私たちが「前足」と認識しているのは、人間でいうところの肘から先にあたります。二の腕部分が肋骨に密着している状態なので、横に開いたりひねるという動作は不得意なのです。

同じことは「後ろ足」にもいえます。

人間でいう膝上の太腿は胴体と密着しており、前脚とほとんど同じ構造です。私たちが目にしているのは、膝から下になるわけです。

さらに構造は同じでも、指などの形状によって分類されています。

指の先端が小さくグーの形をして、まるで猫の足に見える「猫足(cat feet)」は、秋田犬やドーベルマンなどに見られます。また、人間で中指と薬指にあたる真ん中の2本指が長い「うさぎ足(hare feet)」は、ボルゾイ、グレイハウンドなどに見られる形状です。

どの犬も少なからず水かきのような皮膜がついていますが、そのサイズが大きい「水かき足(webbed feet)」という形状もあり、ニューファンドランド、ポーチュギース・ウォータードッグなど水中作業を行う犬種で見られます。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る