外耳炎になっていませんか?

犬が耳の後ろを頻繁に掻いたら要注意

外耳炎は外耳道に炎症が起きる病気で、原因としては寄生虫や細菌などの感染症からアレルギー性の皮膚炎まであります。治療には原因を突き止めることが大切ですが、多くの場合は寄生するダニやカビが原因です。

外耳とは音を集める耳介から鼓膜までの間を指します。途中でL字に曲がっており、かなり長い器官ですが、ここに炎症が起きると不快感が高まり、犬はしきりに首を振ったり耳の後ろを掻いたりといった行動に出ます。

したがって、こういった行動を頻繁に起こすようになった時は飼い主が外耳炎を疑ってみましょう。

耳ヒセンダニが外耳道に炎症を起こす

症状としては外耳道が炎症を起こすと耳垢が悪臭を伴った黄色や茶色になり、拭いてもしばらくすると表れてきます。そのまま放置しておくと外耳道の炎症がひどくなって腫れ、外耳道を塞いでしまい、音が聞こえなくなります。

この炎症を起こす主な原因となるのが耳ヒセンダニ。外耳だけに寄生するダニで耳垢を食べて繁殖します。また空気中にいる常用菌、マラセチアと呼ばれる真菌も、犬の抵抗力や免疫力が落ちていると外耳炎を引き起こす原因になります。

外耳炎を発症した場合は皮膚病と同じく、家庭で治癒することは避けた方が賢明です。動物病院に行って適切な処置を受けてください。

耳ヒセンダニは見えているだけのダニを取っただけでは無効で、駆除するための薬を投与する必要があります。外耳道の炎症が進んでいれば抗生物質も投与しなければなりません。

治療後は環境を衛生的に

これらの薬は炎症が収まったからといって、途中で中止しないように。成ダニや幼ダニを駆除できても卵が残っている可能性があるからです。獣医さんの指示に従って、多少改善されてきても必ず決められた期間、決められた分量を与えるようにしてください。

外耳炎を発見したらケージやマットなどを熱湯消毒するなど環境の衛生化に務めてください。外耳炎の治療を行って完治しても環境が不潔だと再発する可能性があります。

完治後、外耳炎再発を防ぐために耳の定期的なチェックは必要ですが、あまり掃除をし過ぎると皮膚を傷つけ、細菌が侵入しやすくなってしまいます。健康な犬は耳垢が溜まらないといいます。

もし、頻繁な掃除が必要なほど耳垢が溜まるとしたら、他に原因があると疑った方がいいですね。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る