まずはスキンシップ

爪のケアを正しく行うためには、絶対忘れてはいけない最初のステップがあります。それを省いてしまうと爪のケアがしにくいだけでなく、最悪、愛犬との信頼関係に亀裂が入りかねません。

最初のステップとは、十分なスキンシップをとることです。単に撫でて可愛がるのではなく、体のどこを触られても噛んだり吠えたりせず大人しくいられるよう、愛犬をボディコントロ-ルするというしつけのひとつと考えます。

犬にとって爪のケアは苦痛でしかありません

爪を切るという習性がない上、触られるのが嫌な足先を持たれてじっとしていないといけない…まさに嫌なこと尽くしといっても過言ではないのです。飼い主さんとの信頼関係があり少しずつ慣れていったから、大人しく受け入れているに過ぎません。

単に可愛がるのではないスキンシップとはどういうものでしょう?

触られるのが嫌な場所を作らないのが目的とはいえ、いきなり苦手な鼻先や指先、マズル(口吻)など体の先端部分を触るのはNG。飼い主さんとの触れ合いが嫌なイメージになってしまいます。

まずは首周りや背中、胸を優しく撫でながら「いい子だねー」と褒めましょう。大人しくしていたらおやつをあげるのもいいですね。ポイントは「飼い主さんに触られるとうれしい、大人しくしてると飼い主さんも喜ぶ」と思わせること。

少しずつ範囲を広げていき、苦手な部分も触ります。最初は軽く、短時間でOKです。ちょっとでも大人しくできたら、必ず褒めることを忘れずに。愛犬が喜ぶところをたくさん撫でてあげるのもいいですね。「大人しくできたら、うれしいことがある」と覚えさせることができれば半分成功したようなもの。触る時間を少しずつ長くして力加減も強くしていき、全身どこを触っても、つかんでも落ちついていられるようにします。

ボディコントロールをするために重要なのは、急がないこと、飼い主さんがリラックスすること、暴れてもやめないことです。

特に苦手な場所を触ったときに抵抗されてやめるのは絶対NG。「嫌なことは暴れたらやめてくれる」と認識されてしまい、問題行動を起こす要因にもなります。根比べのつもりで触り続けてちょっとでも大人しくできたらやめて、たくさん褒めてあげましょう。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る