糖尿病に注意

人間と同じように血液中の糖分過多が原因

糖尿病は犬も人間も同じ原理の病気です。血液内に流れる糖分が細胞に吸収されず、糖分は腎臓を経由して尿に混じったまま排出されます。

尿の糖分が多いことから糖尿病と呼ばれています。血液中の糖分は細胞に吸収される際、膵臓から分泌されるホルモン、インスリンが必要となります。ところがインスリンの分泌が低下、あるいは止まってしまうことにより、細胞はエネルギーとなる糖分の吸収ができなくなります。血液中に糖分が多くなると血液は濁り、さまざまな病気を併発します。

人間の糖尿病もメカニズムが完全に解明されたわけではなく、その原因はいろいろなことが考えられていますが、そのひとつに栄養過多があることは確かです。

あまり糖分の多い食事をしているとインスリンの量が血液中の糖分に追いつかず、血糖値が上がってしまいます。したがって犬の場合でも食事や運動不足に普段から気を使い、体型のチェックをしておく必要があります。

糖尿病の予兆を見逃さない

糖尿病の予兆としては、

喉が乾いて大量の水を飲むようになる
腎臓が血液中の糖分量を多いと判断し、尿に混ぜてできるだけ多く排出しようとするために尿が何度も出てしまうので喉が乾いてしまいます。

食事の量が増える
食事を取ってもインスリンの量が低下していると細胞に糖分が取り込まれないため、さらに栄養素を取るように身体から指令が出るためです。

痩せてくる
食事を大量に取っているのに痩せてくるのは細胞に糖分が吸収されないからです。

糖尿病が進行すると死に至ることも

これらの症状が見られた時は糖尿病を疑ってみましょう。また、これらの現象が出ているのに見過ごしてしまうと糖尿病性ケトアシドーシスという重い症状になります。

食欲がなくなり、水まで飲まなくなって、嘔吐や下痢を起こします。そのまま昏睡状態になって死に至ることもあるので、兆候は絶対に見逃さないでください。

糖尿病が進行するとインスリンを外部から注入しなければなりません。犬の糖尿病のほとんどはインスリン依存症糖尿病と呼ばれる種類で、糖尿病にかかると膵臓がインスリンの製造を停止してしまうため、一生、インスリン注射をする必要があります。

これは毎日行うものですが、動物病院や獣医さんだけでなく、飼い主が行うこともできます。適量のインスリン注射をしていれば、他の病気を併発しない限り糖尿病で命を落とすことはありません。

インスリン投与は獣医の指示に従って

インスリンを投与するというのは血液中の糖分を調節するということです。したがって量が少ないと糖分の吸収も不足しますが、怖いのはインスリンを大量投与して低血糖値にしてしまうこと。

血糖値が急激に下がると身体がフラフラするだけでなく、ひどい時は痙攣を起こしたり昏睡状態になったりすることもあります。

人間が糖尿病を発症するのは中年以降の例が多く見られます。これは犬も同じで、大型犬なら5歳ぐらいから注意が必要でしょう。健康診断の際は血糖値や尿糖数値の確認を行い、もし、糖尿病が発覚した時は獣医さんにインスリン投与の正しい方法をしっかりと学んでください。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る