年齢に応じた住まい

私たち人間は赤ちゃん、子供、成人…と、その時期によって住環境が変化しています。犬も同様に、成長度合いに応じたスペース作りをする必要があります。

子犬期

まだ体ができていない子犬期は家族の目が届き、風通しがよく直射日光が当たらない場所にケージなど専用スペースを設置します。いたずら盛りなので、刃物やコンセントなどケガや事故を起こしそうなものに触れないよう工夫したり、侵入防止ゲートを設置して行動範囲を限定できるようにしておくと安心です。

成犬期

しつけができて、体力もついた成犬期で気をつけるのは温度管理です。夏の暑さ対策は万全でも、冬は特に考えていないという人も多いのでは。犬は人間よりも体温が高いので、暖房で部屋を暖めすぎると冬でも熱射病になることがあります。

とはいえ、室内で震えながら過ごすなんてムリな話。犬が暑いと感じたら移動できるように暖房をかけない部屋を作り、ドアを開けておけばOKです。

外で飼っている場合、夏は日陰ができるようよしずを使ったり、玄関に入れるなど暑さ対策をして、冬は犬小屋に防寒用の毛布を入れておけばいいでしょう。基本的には寒さより暑さに弱いので、夏の対策をしっかり考えておきます。

シニア期

シニア期にさしかかると、犬は不安になり家族の側にいたがることが多くなります。

それまで外で飼っていたり、室内でも愛犬専用のスペースにゲージを置いていたとしても、なるべくリビングで過ごせるようにしましょう。温度の変化にもついていけなくなるため、エアコンが直接当たらず、季節に応じたグッズを取り入れて上手な温度管理が求められます。

足腰が弱くなるので階段や大きな段差はつまずく要因ではありますが、すべてフラットにするのがいいかというとそうでもないのです。まだ普通に歩けるのに、階段や隠れられるようなちょっとしたすき間をなくしてしまったために運動量が減り、かえって筋力低下が進んでしまうということもあります。

一気に変えるのではなく、愛犬の様子を見ながらちょっとだけ先回りしたケアを心がけるといいでしょう。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る