去勢手術をすると犬の性格が変わるって本当?

個体差はありますが、去勢によって性格が変化する理由はありません。

やはりオスの大事な部分を取ってしまうというイメージが先行しているのでしょうね。

性格が形成されるのはホルモンではなく記憶や遺伝子、つまり脳であって生殖器官ではありません。

ただ、術後、犬が不憫だと思って甘やかし、普段からのしつけを疎かにすると犬は飼い主が下手に出ていることを認識します。

つまり自分の方が偉いんだと思い込み、ワガママになることがあります。

性格が変わるとしたら手術ではなく飼い主のせいですね。

停留睾丸の場合は絶対に去勢しなければいけないの?

停留睾丸とは睾丸が陰嚢に降りず体内に留まってしまった症状ですね。

人間の場合は成人男性になった時、生殖機能に問題が出る可能性があるので子供のうちに手術をします。

犬の場合は稀に体内に残った睾丸が腫瘍化する恐れがあります。

しかし停留睾丸が分からないまま天寿を全うした犬もいますし、様子を見ているうちに睾丸が降りてきた犬もいます。

絶対に手術が必要、とは言い切れませんが、将来に不安を残さないようにするなら手術した方が安心できますね。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る