去勢するのに年齢制限はあるの?

去勢手術は威嚇的簡単な手術なので年齢制限はありません。

ただし全身麻酔をかけるので、高齢の犬になると麻酔のデメリットが大きくなります。

4歳や5歳ぐらいでしたら問題なく手術が行えるでしょう。

犬の寿命を考えると高齢になってからの手術は体に負担がかかるので、たとえ元気でも手術は見送り、病気が発生した時に対応した方がよいでしょう。

去勢をしなくても病気にかからず穏やかに天寿を全うした例は多くあります。

去勢の手術後なつかなくなった?

これは術後の犬によく見られるパターンです。犬にしてみれば痛い思いをさせたのが飼い主のせいだと思えば、当然、飼い主に対して怒りを覚えています。

でも、これは人間社会でも同じ。信頼関係と怒りは別物です。日々の暮らしのなかで世話を焼いたり一緒に遊んでいるうちに痛みが収まれば、また元の関係に戻れるでしょう。

ただ、一時期とはいえ嫌われるのはツラいと思うようでしたら去勢手術を見送りましょう。

飼い主の決断で手術をするのですから、嫌われても仕方がない、というリスクを背負うのは当たり前のことでしょう。

手術後ゴハンを吐く位元気がないんだけれど?

病院、それから犬の個体差があります。術後、飼い主に向かって尻尾を振るような元気な犬もいれば3日間ぐらい腰が立たないというケースも見られます。

したがって手術が失敗した、とか上手ではない獣医、という見方は必ずしも確実ではありません。

3日過ぎて元気がない場合はすぐに獣医に相談しましょう。

その段階で術後の経緯を見ないような獣医でしたら、すぐに他の獣医を探した方がいいですね。

責任ある獣医でしたら、自分の手術に対して間違ったところがないか必ず確認します。

また飼い主の心配を取り除くのも獣医の仕事。少しでも心配な点があったら、迷わず相談を。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  • 爪と肉球の役割

    犬の爪と肉球には重要な役割があります。爪は蹴り出すときに…

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る