被毛にはどのような役割があるのですか?

私たちからは可愛く、かっこよく見える犬の被毛は時にアクセサリーをつけたり、色を染めるなどファッションの一部と捉えられることがあります。しかし、被毛は重要な役割を担っているのです。被毛が存在する理由は大きく2つあります。

体の保護

まずは「体の保護」で、敵に襲われたり何かの衝撃を受けたときに、体を守る役割を果たしています。人間のように衣服をまとわない犬は、被毛がなければモロにダメージを受けてしまいます。防御だけでなく、被毛は体を大きく見せて敵をひるませるためにも使われていました。

また、水をはじいてすぐに体を濡らさない、乾燥、紫外線から皮膚を守る、汚れや病原体が付着するのを防ぐという機能もあります。犬は元々、山や野原など外で活動していたため、泥や雑草の中にいても体を汚さずにいるのに被毛が必要だったのです。昔のように野山を自由に駆け回ることはないですが、病原体の侵入を防ぐ、皮膚を守るという意味でも重要性は変わりません。

体温調整

次に「体温調整」です。犬は人間のように汗で体温調整をしない代わりに、様々な温度調整機能が発達しています。

脂肪を燃焼し効率よく体を温める褐色脂肪細胞の発達や毛細血管を駆使した発熱に加えて、季節に応じた被毛の生え変わりもその機能のひとつ。特に寒暖の差がある地域では、密度の高い冬毛で冷気を遮断・保温性を高めて、固い夏毛で通気性をよくして直射日光を防ぐことで暑さを和らげています。

被毛を持たない私たちからすると夏の犬は暑くてかわいそうに見えますが、犬には気温に適した状態になる機能が備わっています。暑そうだからという、人間の視点だけで必要以上に毛を刈ってしまうのは考えもの。有害な紫外線を直接浴びることで様々なトラブルが増え、かえって犬に負担を強いることにもなります。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る