汗のニオイの原因は?

犬は汗かかない、と思っている人も多いと思います。確かにハァハァとあえぎ呼吸によるだ液の蒸発で体温調節を行うため、人間のように額や顎から流れ落ちる汗というのは見かけないですよね。でも、汗が出る汗線の分布が人間とは違うだけで、犬も全身に汗をかいているのです。

そもそも汗線には2種類あります

ひとつは「エクリン汗線」。暑いときや運動をした後など体温調整のためにかく汗で、汗孔という皮膚の表面にある穴から分泌し、ほとんど水分で構成されていてサラッとしているのが特徴。人間は全身に分布しているのに対して、犬は肉球にしか存在しません。だから、体温調整にはあえぎ呼吸が必要になるのです。

もうひとつは「アポクリン汗線」。脂肪分や老廃物を排出するための汗で、毛穴から分泌しタンパク質やアンモニアなども含んでいるためベタッとしているのが特徴。人間は脇の下や耳の中、性器周辺にしかないのに対して、犬は全身に分布しています。

気になる臭いはアポクリン汗線が原因

気になる臭いはエクリンではなくアポクリン汗線によるもので、人間でもワキガなどがあります。犬独特の臭いも、まさしく同じ。しかも、全身に分布されているので放置して汗が酸化したり、細菌が繁殖すると臭いが発生するわけです。

犬は毛で覆われていることもあり、まったく汗かいていないようにも見えますが、ベタベタ汗を全身にかいています。臭いの問題だけでなく、不衛生な状態は感染症など思わぬ病気を招きかねないので、注意しましょう。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る