シャンプーはいつから、どうやって始めればいいの?

愛犬の健康チェックにも有効なシャンプー。いつから、どうやって始めればいいの?と疑問に思う飼い主さんもいるでしょう。

スキンシップから始めましょう

時期や方法は個体差によりますが、共通しているのは「いきなりシャンプーはしない」ということです。シャンプーは背中や胸元だけというわけにいきません。犬が苦手としている足先や耳など先端部分も行うため、慣らす必要があるのです。

まずは全身をなでるスキンシップから始めましょう。できれば子犬のときから始めて、成犬から飼い始めた場合でも時間をかけてスキンシップを行います。順番とちょっとしたコツをつかめば、特に難しく考える必要はありません。

なでる順番としては、背中や首、頭、脇腹など嫌がらない場所から始めて、慣れたら耳先、足、鼻先、腰、しっぽと進めていきます。

触られることに慣れさせていきましょう

一気にたくさん触ろうとせず、最初は背中を1回軽くなでて大人しくしてたら「いい子だねー」とやさしくほめてあげます。嫌がる素振りをしたらすぐに中止して、時間を置いてからまたなでるのを繰り返します。回数を少しずつ増やしていき、触られることに慣れたら首など違う場所も行います。

いきなり長時間なでたり、力を入れる、嫌がってるのに続けるのは厳禁です。犬にとって、なでられることが不快、不安に感じるものになってしまい、激しく抵抗するようになりかねません。そうすると飼い主さんも触ることが怖くなり、その緊張や恐怖が犬に伝わり、ますます拒否するという悪循環に陥ることだってあります。

触られることに慣れることは、社会性を育むためにも必要なステップです

ポイントは短い時間から始めて、焦らない、大人しくできたら必ずほめる、飼い主さんも愛犬との触れ合いを楽しむことです。特に苦手部分である耳先や足などは、軽く触るのに慣れたら、やさしくなでる、つかんでみるというように時間をかけて少しずつ慣らしていきましょう。ほめるのに加えてご褒美をあげるのもオススメです。「触られると不安になるけど、じっとしてたら飼い主さんが喜ぶし、おいしいもの(楽しいこと)くれるからガマンしよ」と感じるようになれば、成功したも同然です。

全身、どこを触ってもじっとしていられるのはシャンプーだけでなく、病院で診察を受けるとき、治療をされるときにも役立ちます。また、散歩などで色んな人や犬と出会い、社会性を育むためにも必要なステップです。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る