シャンプーは何から始めるといいですか?

グッズを揃えて愛犬も慣れたら、準備万端。いよいよ、シャンプーにチャレンジ!

ブラッシングから始めましょう

被毛についたホコリや汚れを落とし、毛のからまりをほぐし、抜け毛を取り除くという意味合いがあります。軽くでいいので、忘れずにブラッシングしましょう。

長毛種は毛玉ができやすいため、コームなどを使ってほどいておきます。換毛期でなくても毛は生え変わるのでシャンプー前のブラッシングで毛を落としておくと、シャンプーしやすいうえ、排水溝に毛がつまるのも防げて一石二鳥です。また、皮膚をマッサージする効果があるブラシを使えば、皮脂が浮いて取りやすくなります。

被毛を濡らします

ブラッシングの後は、被毛を濡らします。お湯は37℃くらいのぬるま湯に設定すること。犬は汗で体温調節ができないため、熱いお湯をかけると熱中症になりかねません。温度計で確認するか、ぬるいかどうか実際に触ってから濡らしましょう。

シャワーで行う場合は、足から始めて、お尻、背中、胸、顔の順番で濡らしていきます。このときにシャワーを体から離したままだと水音や勢いに驚いて抵抗する恐れがあるので、シャワーヘッドを体に軽く当てて行います。お湯の勢いが強い場合は少しゆるめるといいでしょう。全身がしっかり濡れるまで、シャワーをかけ続けます。

長毛種や大型犬、全身まんべんなく濡れているか不安な場合にはベビーバスを使うのがオススメ。ぬるま湯をはったバスに愛犬を入れて、手でお湯をすくって全身にかけてあげます。お湯をかけながら全身を軽くなでてマッサージすると、汚れが浮き上がります。このときバスに少量のシャンプーを入れて軽く泡立てておくとさらに効果的。人間の洗髪で行う、シャンプーの前にお湯で濡らして軽く洗う「予洗い」と同じです。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る