洗う順番はありますか?

全身をまんべんなく濡らしたら、シャンプーへと進みます。

シャンプーを水で薄めたものを犬の体にかけてもいいのですが、洗面器にシャンプーと水を入れて泡立てておくと、最初から泡で洗えるので犬の被毛や皮膚への負担が減り、飼い主さんもシャンプーしやすくなります。人間もシャンプーを直につけるより、シャンプーを泡立ててから洗う方が頭皮や髪にやさしいですよね。それと同じです。

シャンプーは足から

シャンプーする順番と各部位の注意点は以下の通り。

まずは足から。つけ根から指先まで優しく揉むようにしっかり洗います。特に指の間や肉球は汚れやすいので、1本ずつ丁寧に洗いましょう。

胴体を洗う

お尻、内股、背中、胸をマッサージするように洗います。決して爪を立てず、指の腹を使って行うのがポイント。ラバーブラシを利用するのもあり。このときにしっぽも洗っておきます。

顔まわりを洗う

最後に顔まわり。顔や耳を洗います。愛犬を驚かさないためと目や耳の中にシャンプーが入らないよう、ゆっくり行います。指でチョンチョンと泡を乗せて、両手で優しく包み込むようにして洗います。耳はヒラヒラした耳介や耳の後ろを洗えばOKです。

優しく洗いましょう

すべての部位で共通しているのは、ゴシゴシ洗いや毛をこすり合わせるのはNGだということ。特にまだシャンプーに慣れていないうちは、優しく洗うこと。力を入れすぎて痛い思いをしたら、苦手意識を持ってしまいます。汚れがひどい場合には一度で洗おうとせず、二度洗いをしましょう。力任せで汚れを落とそうとするのは厳禁ですよ。

そして、シャンプー中は「大人しくできていい子だねー。もう足は終わるよ」「後は顔だけだからねー」など、明るく声をかけてあげるのもオススメ。飼い主さんの声を聞きながらの方が安心できます。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る