入らないとダメ?ペット保険の必要性

ペットが病気になったら治療費はすべて飼い主負担

人間でも元気なうちは病気のことを考えませんし、若い時は保険の重要性を理解しようとはしません。しかし、高齢になってくると病気や老後の不安、または実際に病気を経験して保険の大切さや有効性を実感することがあります。

これはペットでも同じことですね。いつまでも元気で長生きして欲しいけれど、いつ病気になるかは誰も分からないこと。しかも高齢になるに従って病気の可能性は高くなってきます。

人間の場合、国の制度の健康保険に加入しているうえ、生命保険に入っている人も多いでしょう。これらを活用すると事故や病気、手術の際も安心して病院で治療を受けることができます。

でもペットには国が保護してくれる保険制度はまったくありません。病気にかかった、事故で骨を折ったり怪我をした、重症のために入院しなければならない、そんな状況に陥った時、すべての治療費は飼い主の自己負担になります。

他人を怪我させた時の倍賞責任まで考える

簡単な一例を上げると、犬の前足単純骨折でも、手術代や入院費、治療費を合わせると総額でも15〜30万円、腫瘍摘出手術とその治療費で6〜8万円かかります。

愛しいペットのためならいくらかかっても構わない、という人もいるでしょうけれど、一般的な感覚からすれば、痛い出費であることは間違いありません。

また大型犬が人に危害を加えた場合の責任問題があります。

人が大型犬に噛まれた時、大抵、飼い主は犬に責任があるのではなく近寄ってきた人に責任があり、自分が飼っている犬は絶対に人を噛まないはず、という声を耳にしますが、現実的に飼い犬が人を噛んだ場合、責任の大小はあっても治療費等を払わなければいけないのが日本の法律です。

犬は悪くなくても飼い主に責任が問われるわけですから、実費を支払わなければなりません。

ペットを飼っている人でペット保険に加入している人は少数です。うちのペットに限って、という考え方があるからでしょう。

しかし人間には万が一の時を考えて保険に入っているのに、家族同然に暮らすペットに保険をかけない、というのも矛盾している考え方。もし、ペットを家族同然に可愛がっているという自負がある人はペット保険に加入することをお勧めします。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る