シャンプーを上手く洗い流すコツはありますか?

シャンプーが終わったら洗い流します。泡が出なくなるまでしっかり流しますが、不安な場合は泡が出なくなってからもう一回、洗い流すと安心です。シャンプー液が残っていると皮膚炎やフケの元となるので、ちゃんと落としたか確認しましょう。

流す順番は、高い部分から始めましょう

シャワーで流す順番は頭、耳、顔、背中…というように、高い場所から始めて最後は後ろ足で終えると、効率よく落とせます。お腹は前足を固定して、後ろ足で立つような姿勢にすると流しやすいです。

長毛種やダブルコート、大型犬などシャワーだけで流すのが難しい場合には、ベビーバスにお湯をはって簡単に泡を落としておくと、時間短縮、節水にもなりますよ。大型犬のお腹を洗うのにも有効です。

コンディショナーやリンスをする場合は、シャンプーを洗い流した後に行います。シャンプーのように泡立てる必要はないので、ベビーバスにお湯と少量のコンディショナーを入れて全身の毛の根元まで行き渡らせます。その後は、ヌルヌルがなくなるまでしっかり洗い流せばOK。

ドライヤーで完全に乾かしましょう

ドライをすれば完了!ですが、被毛を完全に乾かすのは意外と大変です。犬自身で体を震わせて水分を飛ばしたら、吸水性の高いタオルで体を包むように押しつけ水分を取り、最後にドライヤーを使ってドライとブローをします。

ドライヤーは至近距離で当てない、冷風を併用して熱くしないよう注意が必要です。また、ドライヤーの時間を短くするためにタオルドライを執拗にするのも考えもの。濡れた被毛はデリケートなので傷ついたり、もつれる要因となります。もちろん、自然乾燥はもってのほかです。湿ったままだと汚れや臭いを吸着しやすく、細菌も繁殖しやすいので被毛、皮膚に悪影響を及ぼします。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る