リンスやコンディショナーって必要?

シャンプーの後はリンス…という流れが当たり前のようになっていますが、犬にも必要なのでしょうか? 長毛種は必要だけど、短毛種は不要? 基本的に必要じゃない?

なぜリンスをするのか

私たちがリンスをする理由は、髪のキューティクルを保護し指どおりをよくするということ以外に、シャンプーによってアルカリ性に傾いた頭皮や毛髪を元の弱酸性に戻す目的があります。アルカリ性に傾いたままだと細菌を引き寄せたり、傷つきやすくなるので、自然に元の状態に戻るまでの間、人工的に保護しているのです。

しかし、これはあくまで人間の話。犬の皮膚は元々、中性~弱アルカリ性で、シャンプー後はむしろ弱酸性に傾いているともいわれています。では、あえて弱酸性にするリンスはまったく必要ないかというと、微妙なところ。洗浄してデリケートになった皮膚や被毛をドライヤーの熱や摩擦から保護するという意味では、膜となるものは必要でしょう。

必要かどうか、犬種や皮膚、被毛の健康状態によって異なります

こうしたことを踏まえると、なくてもいいけれどブラッシングが必要な長毛種は使ったほうが健やかな被毛を保てる…という答えになります。

なんともはっきりしない答えですが、犬種や皮膚、被毛の健康状態によるので、一概にはいえません。まったく使わないのは不安という場合はリンスのいらないオイル入りのシャンプーやドライ時にブラッシングスプレーを使ったり、シャンプー後にオリーブオイルとお湯を混ぜたバスに入れるという方法もあります。

犬の皮膚は私たちより薄くてデリケートなため、吸収しやすいともいえます。実際にシャンプーやリンスをする前にかかりつけの獣医師と相談してから決めた方が安心です。そして異変があったら、すぐに中止して診てもらいましょう。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る