シャンプーを嫌がる場合?

愛犬がシャンプーを拒否して暴れたり、脱走するため自分ではできない…と困っている飼い主さんも少なくないでしょう。ちょっとムリしてでもシャンプーした方がいいのか? それとも、ペットショップなどで専門家にお任せすべき?

ムリは厳禁!です

嫌がる愛犬をムリにシャンプーしても、ますます苦手・苦痛なものと認識するだけですし、飼い主さんも「シャプーしなきゃ!」と自分を追いつめてムリをすることありません。その気持ちは必ず愛犬に伝わり、シャンプー嫌いのスパイラルに突入!なんてことも起こります。

そもそも最初からシャンプーをまったく嫌がらず、大人しくしている犬はほとんどいないと考えましょう。徐々に慣らしながら、飼い主さんがほめてあげることで「じっとしてたら、いいことがある」と認識して、ガマンしているのです。

まずは愛犬が何を嫌がっているのかを探ること

体中を触られたり、押さえられることを拒否しているのであれば、スキンシップが不十分といえます。シャンプーにチャレンジする前に、全身どこを触ってもじっとしていられるようにすることが先決です。

ブラシやシャンプーを警戒している場合は使う前に臭いをかがせたり、感触を確かめさせる、自分の腕にブラシを当てて安全なことをわからせるという準備が必要です。また、ブラッシングの力加減も強くなっていないか意識しましょう。

全身が濡れるのを嫌がっている場合は足だけ濡らして慣れたら、背中、胸…と範囲を段階的に広げていきます。シャワーの音を怖がっていることもあるので、洗面器などにお湯を入れて飼い主さんの手でかけてあげるのもオススメ。濡れることに慣れさせるのと同時に、マメなブラッシングと水のいらないシャンプーなどを使って汚れを落とします。

どうしても嫌がるという場合はプロに相談してみましょう

いくら時間をかけて優しく声をかけながらやっても、どうしても嫌がるという場合はトリマーさんにお願いするのもあり。実際にプロがシャンプーをするところを見学させてもらったり、コツを聞くのもいいですね。丸投げするのではなく自分でブラッシングやふき取りなどを行い、被毛のケアに慣れていきましょう。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る