なりやすい犬種は?

いつ発症するかわからない、アトピー性皮膚炎を含むアレルギー疾患。なりやすい犬種や年齢があるのか気になりますよね。

断定はできないものの、遺伝的にアレルギーを起こしやすい犬種(好発犬種)はあるようです。一般的に以下が挙げられています。

・欧米犬
アイリッシュ・セター、イングリッシュ・セター、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ケアーンテリア、コッカー・スパニエル、ゴールデン・レトリーバー、シャーペイ、ジャーマン・シェパード、スコティッシュ・テリア、ダルメシアン、ブルドック、ボクサー、ミニチュア・シュナウザー、ラサ・アプソ、ラブラドール・レトリーバー、ワイアー・ホックス・テリア

・アジア犬
秋田犬、シーズー、柴犬

アレルギーには遺伝以外にも様々な要素が関係しています

当然、好発犬種だから必ず発症するわけではなく、上記に含まれていない犬種でも発症する可能性はあります。ただ、愛犬が好発犬種だった場合には、食生活と生活環境の見直し、ボディチェックを欠かさないことで予防や早期発見につなげられます。

アレルギーが発症しやすい年齢

アトピー性皮膚炎については目安となる年齢があるようです。アトピー性皮膚炎の場合、生後6カ月~5才までの子犬・若い犬に多く、その中でも1~3才の発症が75%を占めているといわれています。

しかし、最初から皮膚炎を発症するとは限っておらず、まずは外耳炎などを発症するケースも少なくありません。例えば3才くらいまでは外耳炎になりやすかったのが、5才近くになって皮膚炎を発症したことで、実はアトピー性皮膚炎だったと診断されることもあります。

判断は難しいですが、子犬のときに外耳炎を繰り返す場合には、アレルギー体質を持っている可能性があることを覚えておきましょう。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る