アトピーに似た皮膚炎はありますか?

アトピー性皮膚炎と同様の症状が出る皮膚病がいくつかあり、見た目で判断するのは困難です。アレルギーだろうと自己判断せず、必ず病院で診察してもらいましょう。思い当たることがあれば獣医師にすぐ相談するのがオススメです

膿皮症

ブドウ球菌などの細菌感染によって発症します。細菌の種類によって、子犬に多い浅在性、夏に多い表在性、短頭種に多い皺壁性、シェパードなど大型犬に多い深在性に区分されています。症状も異なりますが、主に痒み、発赤、発疹、脱毛、かさぶたなどがあり、顔や脇の下、指の間などに現れます。細菌が深部まで感染すると、痛みや腫れ、発熱などが出ることがあります。治療は抗生物質の投与と薬用シャンプーで洗浄、生活環境の見直しなどを行います。

疥癬

ヒセンダニ(犬疥癬)が寄生することで発症します。ヒセンダニは肌の表皮に寄生しているため、すでに寄生している動物と接触して感染するケースがほとんど。主な症状は強い痒み、発疹、かさぶた、脱毛、掻破痕などがあります。初期は耳や目のまわり、かかとなど被毛の薄い場所に出ますが、進行すると患部は拡大していきます。治療は殺ダニ作用のあるスプレーなどの外用薬、内服薬の投与と寝床やシーツ、おもちゃなどのダニ駆除、消毒を行います。

ノミアレルギー皮膚炎

ノミのだ液や体の一部に対してアレルギー反応が起こることで発症します。何度も噛まれることで発症しやすくなり、一度、発症するとノミに寄生されるたびに症状が出るようになります。主な症状は強い痒み、じんましん、赤い発疹、かさぶた、脱毛、掻破痕などがあり、腰やしっぽのつけ根、お腹といったノミが寄生しやすい場所に現れます。

早期発見が愛犬の苦痛を少なくします

治療は炎症の抑制とノミの徹底駆除を行います。犬の体だけでなく、犬の周囲環境すべてを掃除する必要があります。ノミの成虫だけでなく、卵や幼虫、サナギにも効果のある駆除薬を使用することで、再寄生の予防にもなります。

皮膚病はガンなどのように命に関わるような危険は少ないですが、進行すると治療が大変になるだけでなく、免疫力の低下からほかの感染症にかかるなど二次疾患にもつながります。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る