治療で欠かせないことは何ですか?

アトピー性皮膚炎の治療において、欠かせないのが皮膚の洗浄と保湿です。

乾燥はバリア機能が低下します

皮膚は本来、バリア機能によって細菌、ホコリなどの外部刺激から守られています。アトピー性皮膚炎を発症しているとバリア機能に必要な皮脂であるセラミドが失われている状況にあります。セラミドには水分を保持する役割があり、これが不足すると乾燥してバリア機能が低下します。

さらに、症状緩和のためアレルゲンを除去するシャンプーの回数が増えるので、余計に乾燥しやすいというダブルパンチな状況になります。当然、バリア機能はさらに低下し、症状が進行するという悪循環に陥ります。とはいえ、アレルゲン除去のためにシャンプーを減らすことはできません。

そこで必要なのが適切な保湿を意識したスキンケアです。保湿効果のあるシャンプーもありますが、アレルゲンだけでなくシャンプーの薬剤をきちんと洗い流すためにも、洗浄と保湿はわけて行います。

症状の度合いと皮膚状態に合ったシャンプーを選びましょう

まずはシャンプー剤の見直しです。症状の度合いと皮膚状態に合ったシャンプーを獣医師と相談のうえ選びます。脱脂性、刺激性が弱いものを使って丁寧に洗い流す、専用の薬用シャンプーを使ったうえで保湿を行うなど、シャンプーの種類だけでなくケア方法についても具体的に聞いてみましょう。

保湿については、シャンプーをした後に必ずコンディショナーなどの保湿剤を使って外側からバリア機能を補強してあげます。どういうものがいいのかは、皮膚の乾燥状態や皮膚炎の症状の度合いによって異なるので、必ず獣医師と相談しましょう。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る