環境改善のポイントは何ですか?

アトピー性皮膚炎の治療は、犯人ともいえるアレルゲンの回避、除去をしないと始まりません。現実的に考えて目に見えない花粉やダニを完全になくすのは不可能ですが、減らす努力を続けることで症状を悪化させない、改善する可能性もあります。

環境改善はポイントを意識して行いましょう

散歩

アレルゲンとなる物質を外から持ち込まないように、散歩にも注意が必要です。
散歩は花粉の飛散が多くなる早朝は避けて、10時以降に行くようにします。花粉がアレルゲンになっている場合はもちろんですが、そうでなくても避けたほうが安心です。散歩から帰ったらドアの前や玄関先でブラッシングをして花粉などを落とし、シャンプーもしくはシートなどでふいてあげます。

空気管理

屋内に浮遊しているアレルゲン対策には空気清浄機、加湿・除湿器が効果的です。
湿度が高くなるとカビやダニの増殖を招き、低すぎると皮膚の乾燥が進むため、湿度を40~60%に保つように管理します。最近は花粉やカビなどのアレルゲンに対応した空気清浄機も出ているので、購入の際にはお店の人と相談するのがオススメです。

掃除

ホコリやダニを除去するには、掃除が必須です。
日々の掃除は雑巾やウェットシートでふいて、週1回、もしくは10日に1回くらいの頻度で徹底掃除を行いましょう。方法は愛犬の寝床やぬいぐるみ、布団などを熱湯もしくは日光消毒し、家具、カーテンの上などにたまったホコリも払い落とします。全てのホコリが落ちるまで最低20分はかかるので、その時間を待ってから隅々まで掃除機をかけます。

ホコリを払った後で空気中に除菌スプレーなどを吹きかけると、早く落ちるだけでなく舞い上がるのも防げます。掃除機は床だけでなくカーテンやマットなどの織物も吸引するのを忘れずに。また、最近は吸ったホコリやダニを排出しないアレルゲン除去を目的としたフィルターがあります。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る