ストレスを減らすポイントは何ですか?

アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー疾患が起こる原因として遺伝的要素や食生活の変化、化学物質の過剰摂取などが挙げられていますが、ストレスも含まれています。

人間も犬もストレスを発散できずにいると、まず自律神経のバランスが崩れます。その結果、神経系のトラブルが発生し、免疫システムの異常や低下へと進んでしまいます。また、犬はストレスを感じたときに体を噛んだりなめたりする習性があるので、その傷口に細菌が感染して皮膚炎になり、アトピー性皮膚炎を併発することもあります。

ストレスを完全になくすことは不可能なので、いかに発散させるかがポイントです。具体的にどうしたらいいのでしょうか?

ストレスになっていることがないか考えてみましょう

犬は環境の変化や新しいものに弱く、慣れるまでに時間がかかります。元々群れで生活していたために寂しがり屋で揉め事を嫌うため、私たちから見たら何でもないことがストレスになっていることがあります。

それを踏まえたうえで、最近、愛犬を撫でたり話しかけるといった触れ合いをしていなかったり、散歩に行っても近所でトイレをするだけで遊んでない、正直面倒だと思ってしまう…なんてことありませんか?

物理的なストレス

急にケージの場所を移動したり模様替えをするなど環境の変化、ボロボロになっているお気に入りのおもちゃやずっと使っていたシーツなどを捨てた、最近、来客が多い、家族の間で会話がない、ケンカが多い…こうしたことも、大きなストレスになります。

まずは愛犬が居心地よく過ごせるよう環境を整えることで、物理的なストレスを取り除きます。

心理的なストレス

これは、愛犬にたくさん話しかけて撫でてあげたり、散歩やドッグランなどを一緒に楽しめばOKです。

そんなことでいいの?と思うかもしれません。

余裕があれば、愛犬が嫌がらない香りのアロマを焚いてゆっくりマッサーしてあげるというのもオススメですが、飼い主さんがムリをするのならば意味はありません。大事なのは日々の生活でストレスをうまく発散すること。

そのためには、飼い主さんに負担がなく、楽しめるものでなければ長くは続けられません。犬は飼い主さんが褒めてくれて、いつも笑顔で過ごしていることで自分も幸せに感じるものなのです。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る