涙の役割は何ですか?

涙と聞くと痛いときや悲しいときに溢れるものと考える人も多いでしょうが、それ以上に大切な役割があります。人間のように感情の高ぶりで泣くことがない犬にも、涙は必要なのです。

重要な涙

涙液は上まぶたの耳寄りにある涙腺で作られます。まばたきによって目を潤すと目と鼻の中間にある涙点という出口から涙管を通って鼻から喉へと排出されるシステムになっています。

涙液は内側から粘液層(ムチン)、涙液水層、油層の3層構造になっていて、ムチンは涙腺の結膜細胞から分泌され、糖タンパクのムチンが主成分です。角膜全体を覆い涙液の定着と拡散する働きをしています。中間の水層は涙腺から分泌され、95%の水分と栄養分や感染防御の効果がある成分などでできています。

目を潤す以外にも、必要な栄養分を行き渡らせ雑菌から守る役目もある涙液の中心です。一番、外側にある油層はまぶたの中にある瞼板腺腺(マイボーム腺)から分泌され、主成分の油膜で乾燥から守っています。

涙液の役割

  • 目を潤し、乾燥から防ぐ
  • 目に必要な酸素や栄養成分を取り入れる
  • 付着したゴミや雑菌などの異物を排出
  • 侵入したウイルスなどの殺菌、除去をする

目にホコリが入ったときなど涙が出てくることありますよね。まさに異物を排出しようとしているのです。しかし、涙はこうした特別なときだけではなく、目の健康を守るため常に分泌されています。それは人間だけでなく犬も同じです。

重要な役割を果たしている涙液。3層のうちひとつでもバランスが崩れると目の健康を維持することが難しくなり、様々なトラブルを招いてしまいます。そのひとつに涙やけも挙げられます。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る