涙やけの主な症状は何ですか?

犬の目に関するトラブルで上位にあがる涙やけ。正式には「流涙症」といいますが、悩んでいる飼い主さんも多いかと思います。涙液の分泌と排出が正常に行われず変色などが起こる病気です。

涙やけの主な症状

  • いつも涙があふれている
  • 目やにが増える
  • 目の周りの毛が変色する
  • 目や鼻の周りに湿疹ができる
  • 患部をひっかいたり、こすろうとする
  • 悪臭がする

痛みを感じたり、出血するなど急激な症状が現れるわけではないので、初期段階では気づきにくいのが厄介なところでもあります。涙であふれているといってもじんわりしている程度で、人間が号泣するように涙がとめどなく流れているわけではありません。

もしそうであれば、すぐ異常だと気づいて病院に駆け込むことでしょう。実際には周辺の毛がかなり変色したり、湿疹が発生するまで進行してから初めて異変に気づき診察を受けることも少なくありません。

涙の過剰分泌が毛の変色へとつながるのは、涙液水層に含まれる感染防御の成分などと関係していると考えられていますが、はっきりしたことはわかっていません。ただ進行した分だけ治療は難しく、長期化することは確かです。また、他の病気を併発する恐れだってあり得ます。

早期発見はどの薬、ケアにも勝る治療法です

悪化する前に気づくためには普段からチェックを怠らず、健康な状態を把握していることが何よりも大切です。犬は自分で異変に気づいて病院に行くことはできません。愛犬の健康管理と適切な治療を受けさせることは飼い主さんの責任になります。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る