涙やけは自然に治りますか?

涙やけは出血や痛み、衰弱などのわかりやすい症状があるわけではなく、目のまわりの毛が変色する程度に見えるので軽視しがちです。別に弱っているわけでもないし…と自己流の処置で済ませてしまう飼い主さんも少なくないでしょう。

放置は厳禁

涙液は単なる水ではなく、栄養分や細菌を除去する様々な成分が含まれた体液です。栄養豊富で湿っているため、放置していると細菌は増殖し放題になってしまいます。毛の変色だけではなく、湿疹から皮膚炎へと進行しかねません。菌が付着しやすい状況なので、感染症にかかるリスクもぐっと高くなります。

元々、基本疾患はなく運動不足やストレスなど生活環境の問題から生じたものだったのが、逆に涙やけが原因となって角膜炎やアレルギーを起こす恐れも十分あります。すると、さらに涙液の排出がうまくいかなくなる…という悪循環に陥ってしまいます。涙やけで命を落とすような事態にはなりません。

早い段階で治療を始めましょう

常に目のまわりが湿っている、湿疹があるというのは犬にとっては強いストレスを感じる状態です。人間と同じく継続的なストレスは免疫力を低下させるため、ちょっとしたことでも病気にかかりやすく、回復力そのものが衰えるため治りにくくもなります。

特に体力のない子犬や高齢犬でそのような状況になったら、深刻な事態にもなりかねません。他の病気を併発してからでは治療が長引くだけでなく、完治は難しくなり一生つき合っていかねばならないこともあります。「たかが、変色」と放置しないで、早い段階で治療を始めましょう。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る