涙やけは市販品でケアはできますか?

デリケートな目のまわりのケアなので、ホウ酸と精製水だけで作るホウ酸水が一番安全かつ、1回あたりのコストも安く済みます。でも、週に1度ではなく、毎日、最初のうちは一日3回程度は行うため、ローションを自作する時間がなかったり、ちょっと面倒に感じることもあると思います。飼い主さんがケアを負担に感じて、回数が減っていくほうが問題です。そんなときにはムリせず、市販されているアイテムを使いましょう。

市販アイテムで気軽なケア

涙やけローション、パウダー、シートなどがあるので、これらを上手に活用していくと、ケアが楽になります。一日の終わりは基本ケアの後にパウダーを少しずつつけて締めくくるとして、散歩などに行って汚れの度合いが激しい日中は市販アイテムで気軽なケアをしちゃいましょう。

例えば散歩に行く前に涙やけローションでサッとふいて、涙液や雑菌が付着するのを防ぐパウダーを指で軽くつけるのもいいですね。散歩に涙やけシートを持参しておくと、汚れても気づいたときに対処できてとても便利です。その場でふきとれば、こする必要もないので愛犬にとっても楽なケアになります。

毎日のケアを楽に

涙やけが軽くなってきたら、朝はパウダーで涙液の付着を防ぐだけ、散歩中はシートで応急ケア、夜にホウ酸水(市販のローションでも)とパウダーでしっかりケアという流れに変えていくのもオススメです。

ローションをはじめ、シートなどの市販のアイテムは様々なハーブエキスが入っているものが多いです。相性によっては効果を発揮することもあるため、「絶対にお手製じゃないと!」と決めつけず、いいとこどりをするくらいの心構えでいると毎日のケアが楽になります。もちろん症状や皮膚の強さなど個体差があるので、ホウ酸水じゃないとダメということもあります。異常があったらすぐに使用をやめることも大切です。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る