ペット保険のメリット・デメリット

病気になった後で後悔しないために

保険とはあくまでも安心のために入る、という気持ちが必要なのは人間もペットも同じですね。できれば保険を使わないで、健康なままで生涯を終わらせるのが一番いいのです。

だから保険のお金がもったいない、という発想を持つ人は保険に入らないことが1番。

しかし、世の常で保険のお金がもったいない、自分のところのペットは一生元気なままでいられるはず、と思って保険を解約した途端に病気になる、なんてことは意外とあること。その時に「保険に入っておけばよかった!」と後悔するわけです。

メリットはなんといっても突然の病気や怪我でも治療費の負担が軽くなることです。歳を取ってくると小さな怪我や病気でも、それが原因でさまざまな病気を発症させるケースがあり、その度に治療費がかさむわけですから保険に入っているのと入っていないのでは家計に大きな差が生まれますよね。

また保険に入っていれば病気になった時でも治療費の心配をさほどせずに済むので、すぐに動物病院へ連れていける心理が働きます。治療費のことで悩んでいるうちに病気を悪化させるというのも本末転倒の話でしょう。

掛け金に対する保障額が不満という声も

デメリットはペット保険の業者が乱立していて、どの保険会社が優れているのか分かりづらいこと、さらに加入を希望したいけれど保険商品の詳細や細かく分かれている保険料の情報が分かりづらいことがあります。

ペット保険業界全体で、もっと分かりやすい料金体系や保障内容の表示の仕方を考えてもらいたいものです。

また今のところ、支払われる保険料が少ないという不満もあります。業界全体が整理されていないところがあり、競争原理が他の業種ほど働いていないことから業者が独自に保険料の給付を決めている部分があります。

ペット保険の市場は今後、広がることが予想されているので、もっとペットや飼い主の負担が軽くなる保険が登場することを期待しましょう。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る