免疫とは何ですか?

健康な体を維持するために必要な免疫機能ですが、アレルギーとも深く関わっています。アレルギー対策をするためにも、免疫についてきちんと知っておきましょう。

免疫には、大きく2つの働きがあります

1つは病気などの疫を免れるための抗体づくりで、はしかや水疱瘡、インフルエンザの予防接種などが最もわかりやすいでしょう。一度、かかると無毒・弱毒化できるため、免疫は「二度なし病」と呼ばれます。

そして2つめが体内に侵入した異物を排除し攻撃する働きで、代表的なのがカゼをひいた時に出るくしゃみや発熱、食中毒による嘔吐・下痢で菌やウイルスを排出する症状です。免疫は自分の体を守るためにつくられた警備隊で、日々、異常がないか全身をパトロールしています。頼もしい存在ですが、単体の細胞や器官をさしているわけではありません。様々な細胞が緻密かつ合理的な役割分担をすることで成り立っている、先鋭チームなのです。

細胞が戦う仕組み

免疫細胞の主体である白血球はマクロファージ、リンパ球、顆粒球で構成されており、リンパ球はさらにT細胞、B細胞、NK細胞にわかれます。

これらの細胞が戦う仕組みは、まず異物が侵入すると偵察隊であるマクロファージが食べて(貧食)異物の情報をリンパ球に知らせます。情報を受け取ったリンパ球はT細胞の中のヘルパー細胞(ヘルパーT細胞)が司令塔となり、B細胞に異物専用の武器(抗体)の量産、T細胞のキラー細胞とNK細胞に異物への攻撃を指示します。ちなみにNK細胞は指令がなくても常にパトロールしており、異物を見つけ次第攻撃するためナチュラルキラー(生まれながらの殺し屋)細胞と呼ばれ、ヘルパーT細胞からの指示でより活性化されます。

T細胞にはもうひとつ、過剰攻撃を抑えて終了を伝えるストッパーの役割を果たすサプレッサー細胞が存在します。

素晴らしい仕組みのように思えますが、異物かどうかの判断が「自己か非自己か」ということが厄介なポイントです。体に悪影響を及ぼす細菌やウイルスだけ攻撃を加えるのではなく、ホコリや花粉、食物など実害がないものも非自己(異物)と見なして攻撃を開始するるため、一定量を超えるとアレルギー症状が現れるのです。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る