ノミアレルギー性皮膚炎とは?

愛犬と生活するうえで、一番気をつけてるのがノミのケアだという飼い主さんも多いと思います。ノミは単に刺されて痒くなるというだけでなく、「ノミアレルギー性皮膚炎」を発症する可能性もあるので侮れません。

ノミにかまれたり接触することで発症するのが、ノミアレルギー性皮膚炎です。ノミが血を吸うときに注入しただ液に含まれる「パプテン」というタンパク質や接触した体に対して、アレルギー反応が現れます。通常は何度も刺されることで発症しますが、元々アトピーや接触性アレルギーなどがあるアレルギー体質の場合、短期間でノミアレルギーも発症することがあります。一度発症すると寄生されるたびに症状が出るので完治は難しく、犬のアレルギーの中で最も多いともいわれています。

違う病気を併発しやすくなります

症状としてはノミが寄生する腰からしっぽのつけ根や後ろ足、お腹などに赤い発疹、じんましんが生じやすいですが、刺された場所以外でも出ることがあります。強い痒みを伴うため、ひっかく、なめる、噛むなどの行為をひっきりなしに行うことでさらに皮膚を傷つけます。そこから二次感染を起こしたり、色素沈着、皮膚厚硬化が見られることも。

また、痒みで眠れずにいると当然体力は低下し、やがて免疫機能がうまく働かなくなります。すると、元々バランスの崩れた免疫機能がさらに低下するので違う病気を併発しやすくなる…という事態も起こりえます。ノミが活発に活動する春~秋にかけて多く見られるので、特に気をつけましょう。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

スポンサードリンク

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る